rcmdnk's blog

クレジットカード

先日朝方に電話がかかってきて 所有のクレジットカードがすごい勢いでで使われてるんだけど 見覚えある?みたいなことを言われた件。

Sponsored Links

クレジットカード会社からの電話

携帯にはWhoscallというアプリを入れていて 自分で登録してない番号からかかってきても アプリの中で勝手に検索して該当するものがあれば表示できるようになっています。

これがあるので無差別営業電話っぽいのとか 結構わかって便利ですし、 何も出ないのも大概セールスなので(これで出なくてもネットで検索するとまず出てくる)

今回はJaccsカード、と出たので取り合えず出てみることに。 今メインで使っているのがジャックスのクレジットカードなので。

出てみると先ほどから海外での使用で60回位の決算が届いている、と。。。 当然そんなことはしてないわけですが、ふと、この電話自体詐欺なのでは。。。? と思ったので、番号などの確認をする途中で(そのまま聞き出されてる感が。。。) 一旦こちらから折り返すということに。

で、カスタマーセンターに電話してみたところやはり本物だったみたいでした。 最初にかけてきた所がセキュリティーセンターでカスタマーセンターとは違う番号で 来たみたいですが、とりあえず実際に問題が起こっている、と。

番号を変えて再発行

履歴を確認して、その前に使った内容が確実に自分のものだったので それ以降を無しという形にしてもらうことに。

こういった自体になった場合、カードの番号を変えて再発行に即座にしてくれるみたいで その手続きをしました。

ただ、インターネットから見える明細とかも全て消えてしまう、という事だったので、 数時間の猶予をもらってネットにある明細を取れるところまで取ってから無効にするようにしてもらいました。

また、4月だからか、今はカードの発行作業が詰まってるらしく 新しいカードは3週間位かかる、とのこと。

番号が新しくなるわけですが、新しいカードが届くまでは その番号は知ることが出来ないと言うことで 3週間位そのカードが使えなくなります。

他にもカードがあるので普段の生活でそこまで困ることは無いのですが、 3週間カードが使えない状態だと公共料金やネット代金等の月額の支払いが 出来ない状態になってしまいます。

ちょっと相談してみましたがやはりどうしようもないということで 今回だけ別のカードに変更していきました。前の月の明細を見ながら見落としが無いように。 沢山あるので結構たいへん。。。

Amazonとかで登録してあるものも他のものにしなくてはいけませんが その辺はおいおい使う時に。

どこから漏れたのか

まあどこが悪かったのかは知る由もないと言う感じです。

ちょうどこの前Amazonからアカウント情報が流れた、と言う知らせが来てましたが

もし仮にホントにアカウントが乗っ取られてたとしても カードの情報はログインしても見ることは断片的にしか出来ないし 今回使われたのは海外ということで日本のAmazonで大量に買い物されたとかいうことでは無さそうなので ここは関係無さそう。

幸いアカウント名やパスワードはAmazonとジャックスカードのものとは別なのでそこも大丈夫。

なので漏れたとしたらどこか海外で使った様な時にスキミングでもされたかな、と言う感じなのですが。

今後の対策

正直な所、カードの使用に関してネットで使うにしても海外で使うにしてもそこまで気をつけて使ってません。

対策としては毎月の明細をちゃんと見ておかしな支払いが無いか確かめてる事。

今回この様な事がありましたが今後も特に使用に気をつけることは無いと思います。 結局漏れる時は漏れるので。(番号の流出なんかはどうしようもないわけで。)

逆に今回の件でカード会社は割と良く見てくれていて 向こう側でもおかしな使用の検知をしてくれていると言うことが分かったので より安心感が増えたと言う所。

まとめ

60回位一気に決算されている、ということだったので ほんとに不正使用しようとするならそんなこと敢えてするかな、と言う感じもするし カードを登録してるどこかのサイトが攻撃でも受けたのかな、という感じも。

持ってるカードが不正使用されたのは今回が初めてでしたが、 結局直接的な被害もなく逆にカード会社がちゃんと確認してくれて さらに無効にする様にしてくれる事が分かったので良かったかな、と。

ただ実際にあると番号変更などの手間が多くて間接的な被害はあるにはあるので 困ったものですが。 (とは言ってもその為にカード使用を控える様な事ではないと感じてます。)

Sponsored Links
Sponsored Links

« Authy: 2段階認証の管理を簡単にするアプリ grep -cで行数を数える時の罠 »