rcmdnk's blog

Vim 7.4の正式版がリリースされたので、 Cygwinへもインストールしました。 現在のCygwinで配布されてるバイナリは7.3+patch 1-1110, 1112-1152 なので、ソースからビルドしてインストールです 1

Sponsored Links

Mercurielをインストール

Mercurielをまだインストールしてなかったので apt-cyg

apt-cyg -u install mercurial

最初大文字でMercurialやコマンドのhgで探しても見つからなかったので ソースからインストールしなきゃいけないのかと思いましたが、 普通にmercurialでありました。。。

Vimをインストール

Stowを使って管理するようにします。 オプションはマルチバイト対応とLuaやPythonなどいくつかのインタプリタを有効に。以前までの色々のオプションはざっくり落としてみました。(要らないものをdisableしてもあまり意味が無い感じがしてきたので。)

$ cd ~/tmp/
$ hg clone https://vim.googlecode.com/hg/ vim
$ cd vim/src/
$ ./configure  --prefix=$HOME/usr/local/stow/vim-7.4  --enable-multibyte  --enable-luainterp=yes  --enable-perlinterp=no --enable-pythoninterp=yes --enable-python3interp=yes --enable-tclinterp --enable-rubyinterp=yes
$ make && make install
$ cd ~/usr/local/stow
$ stow vim-7.4

こんな感じで~/usr/local/へ。

Sponsored Links
  1. MacではHomebrew版のHEADが7.4になってますのでHomebrewで入れればOK。 (Lua対応Vimをインストール)

Sponsored Links

« stowでmake installしたパッケージを管理 iPhoneでMailboxとDropboxを連携して1GBゲット »