rcmdnk's blog

20131130_mirrordriver_200_200

Windows 7で色々プログラムを入れ替えたりしてた時に 再起動後エキスプローラーとかの表示が透明じゃなくなってるのに気付いて、 テーマを選択し直そうとしたら ミラードライバー云々で有効に出来なくなってました。 原因はどうやらLogMeInを再インストールしたことだったみたいですが、 その対処する方法について。

Sponsored Links

Aero効果が有効に出来ない

色々プログラムを再インストールなどした後に、 再起動して表示がおかしかったので個人設定を調べて見ると 透明度やその他Aero効果に関する問題をトラブル・シューティングします との選択項目があったのでクリック。

すると、何やらミラードライバーというモノが悪さをしているよう。

Live Meshはもうサービスを終わってるしそれ関連の物は動いてないわけですが、 調べて見るとLogMeInがミラードライバーをインストールしているらしい。

LMI mirror drivers disables Aero with Win7 SP1 - LogMeIn Community

ミラードライバとはなんぞや、と今更ながら調べてみると

ミラー ドライバには多くの利点があります。主な利点は、既存のビデオ ドライバを変更する必要なく、画面出力をキャプチャする Microsoft がサポートしている方法を提供している点です。これにより、リモート コントロールのミラー ドライバは、デバイス上での問題の発生が少ない標準的な方法で動作します。

また、ミラー ドライバは、ターゲット デバイスの処理能力と同じ処理能力を使用しないことも利点の 1 つです。1.5 GHz 以下のプロセッサを搭載するデバイスをリモート コントロールする場合、ミラー ドライバを使用することにより、高速ネットワーク接続上での大幅なパフォーマンスの改善が実現できます。低速ネットワーク接続では、リモート コントロールのパフォーマンスは、プロセッサより帯域幅を使用することによってより多く制限されます。

ということで、リモートコントロールするソフト等で 動作を最適化するために表示用のドライバを別途使用して 処理を軽くしたりするための物の様です。

ミラードライバを削除する

このミラードライバが色々干渉してエアロを有効に出来ない様なので削除します。 古いPCでスペックが十分でない場合は入れておいた方が便利ですが、 ちょっと試した感じでは無くてもほとんど変わりませんでした。 (よっぽどネットワーク環境のが効く)

上のLogMeInのスレッドにあるようにコンピューターの管理からデバイスマネージャーを 開いてディスプレイアダプターの項目を見ると確かにLogMeInの ミラードライバーがあります。 のでこれを削除。

その後再起動してみるとエアロが有効になってました。

随分前からLogMeInをインストールして使っていたし、他のPCでも 使ってて、普通にエアロを使ってるものもあるんですが、 全く記憶にないけど恐らく最初に対処していたんでしょう。。。

ちなみに、ミラードライバーはVNCなんかをインストールするときにも 導入してたりする事があるので、いずれにしろ上の様なメッセージが出た場合は ディスプレイアダプターの項目でミラードライバーが 入ったりしてないか確認して、あったら不必要であれば削除すれば解決出来るはずです。

Sponsored Links
Sponsored Links

« encodeURIComponent filter for Octopress Liquidで変数をTagに渡す方法 »