rcmdnk's blog

Reboot ジャケットイラスト:redjuice (数量限定 Reboot特製キーホルダー&ストラップ付)

LinuxやMacでリブートを確認する事に関するTips.

Sponsored Links

リブートの確認

LinuxやMacで最後にいつ再起動したかを確認するには lastコマンドを使って

$ last reboot
reboot   system boot  3.2.0-4-amd64    Wed May 27 15:13 - 08:48  (17:35)
reboot   system boot  3.2.0-4-amd64    Tue May 26 16:49 - 08:48 (1+15:59)
reboot   system boot  3.2.0-4-amd64    Tue May 26 16:30 - 08:48 (1+16:18)

wtmp begins Mon May  4 15:20:03 2015
$

rebootが行われた時間を見ればOK。

lastはユーザーがログインした時間一覧を示してくれるコマンドで 引数にユーザー名を入れるとそのユーザーのみの一覧を出してくれますが、 起動時の情報がrebootというユーザーで記録されています。

サーバーなどに使っていてもっと詳しい情報を知りたい時はLinuxであれば /var/log/messages の中に

May XX XX:XX:XX hostname shutdown: shutting down for system reboot

みたいにshutdownコマンドが記録されているので (ログのレベルで記録する様になっていれば) その周辺でリブートがいつ起こったのか、前後に何が起こったのか見ることが出来ます。

最後がrebootならリブートコマンドで、haltなら単に マシンを終了した事になります。

Macではmessagesに当たるものが /sys/log/system.logにありますが、 この中に

May XX XX:XX:XX hostname shutdown: SHUTDOWN_TIME: XXXXXXXXXX XXXXXX
May XX XX:XX:XX localhost bootlog[0]: BOOT_TIME XXXXXXXXX 0

みたいな行が起動時のログなのでこの周辺を見れば何が起こったか 見ることが出来ます。

Sponsored Links
Sponsored Links

« BashでZshのsuffix aliasやauto cdを実現する ブログのリンクチェックを行うlinkcheckerの特定のエラーを無視する »