rcmdnk's blog

Socket.IO: Questions and Answers (English Edition)

ちょっと使ってるサーバー側で プログラムが暴走して外からソケット通信出来ない、 みたいなエラーが出てた時にやったことのメモ。

Sponsored Links

ソケット通信が出来ない原因の犯人はTIME_WAIT

とあるサーバーにアプリを使ってアクセスしようとしたら ソケットが開けない、と言ったエラーが出ました。

ざっと見サーバー側もおかしなことが起こってないような感じでしたが、

$ netstat -anp

としてみると、大量の

tcp        0      0 192.0.2.0:50000    192.0.2.0:39210    TIME_WAIT

みたいなTIME_WAITな物が出てました。

ここで、50000が実際サーバー側で使ってるTCPサーバーなプログラムが 使ってるポートです。

なんか暴走して沢山開こうとしているみたい。

プログラムを再起動してみると、最初のうちは繋がるんですが、 やはりどんどんポートを使い尽くしていってやがて使えなくなります。

実際に今使えるポートの数を調べるには

$ cat /proc/sys/net/ipv4/ip_local_port_range
32768   61000

みたいな感じでip_local_post_rangeを見ます(Linuxです)。

この2つの数字の間が使えるので全部で61000-32768+1=28233だけ使えます。

さて、繋がらなくなった状態でどれだけポート使ってるか調べてみると

$ netstat -anp|grep TIME_WAIT|wc -l
283233

と綺麗に全部使ってます。なのでつながらないのは当たり前。 勿論違う物も全て繋がらなくなります。

TIME_WAITはサーバー側から接続を切る様な場合に、 ソケットを閉じる際に相手からのデータを全て最後まで受信出来たか確認するために 暫く待つための時間です 1

通常は60秒に設定されてます。

その辺色々設定変更するのはちょっと面倒。

Linux - ぜんぶTIME_WAITのせいだ! - Qiita

メモとかそんな感じなやつ

逆にTIME_WAITな状態で60秒経っても終了せずに残ってしまう様なのがある場合、 これを消すのも結構面倒です。

TCPIP/TIME_WAIT状態ソケットの強制終了 Tipi

まあ、問題が無いなら再起動してしまうのが一番簡単。

と、今回の件はひたすら終了しないTIME_WAITが残ってしまう様な状態でした。

で、結局どうしたか、というと、単にバグがあって ちょっと他のプログラムと衝突して暴走してただけでした。

ということで、実際処置をどうこうした、と言う話ではないのですが、 ポートの使用状況を調べたりTIME_WAITとかに関するメモです。

Sponsored Links
Sponsored Links

« octopress-common-partでOctopressを高速化 Octopressにパンくずリストを付ける »