rcmdnk's blog

UNIXシェルスクリプトコマンドブック 第2版

シェルコマンドの複雑なオプションを簡単に説明してくれる コマンドの紹介。

Sponsored Links

Explaining Shell Commands in the Shell

Explaining Shell Commands in the Shell ManKier Blog

上で紹介されてるスクリプトですが

この様な関数を作っておくと

$ explain 'du -s * | sort -n | tail'

du(1)
  Summarize disk usage of the set of FILEs, recursively for directories. Mandatory arguments to long
  options are mandatory for short options too.

  -s (-s, --summarize)
    display only a total for each argument

  *

-------------------------------------------------------------------------------------------------pipe--

sort(1)
  Write sorted concatenation of all FILE(s) to standard output. With no FILE, or when FILE is -, read
  standard input. Mandatory arguments to long options are mandatory for short options too.

  -n (-n, --numeric-sort)
    compare according to string numerical value

-------------------------------------------------------------------------------------------------pipe--

tail(1)
  Print the last 10 lines of each FILE to standard output. With more than one FILE, precede each with a
  header giving the file name. With no FILE, or when FILE is -, read standard input. Mandatory
  arguments to long options are mandatory for short options too.

$

こんな感じで各コマンドやオプションを説明してくれます。

これは、explainコマンドの中で、 ManKier Man Pages というサービスのAPIを使って説明を取ってきています。

なのでオンラインでのみ使えます。

同じ様なウェブサービス: explainshell.com

explainshell.comManKier Man Pages と同じ様にコマンドの説明をしてくれます。

こちらの方がさらに色々と説明してくれるものがあって、 例えばfor文とかもきっちり説明してくれます。

explainshell.com - for i in $(seq 1 10);do echo i;done

なのでこちらの方のAPIが出来たらもっと便利だな、と、 さらにオフラインでも使える様なものになれば便利なのにな、というところではあります。

Explaining Shell Commands in the Shell (2014) Hacker News

Sponsored Links
Sponsored Links

« Homebrewのコマンドを作る方法その2 SVNで管理下のファイルを実行ファイルにする方法 »