rcmdnk's blog

KeyRemap4MacBook_200_200

Macでキーボード操作を自在に変更することが出来る Karabiner に入れてもらってる MacのどこでもVimをエミュレートする VIM Emulation にインプとモードでのショートカットを幾つか追加しました。

Sponsored Links

追加のオプション

現在はKarabinerのベータバージョンのみに入っていますが、 Additional settings of Control + X at insert mode というオプションがVIM Emulationに加わっています。

20151219_vimemu0.jpg

VIM Emulationを展開すると

20151219_vimemu1.jpg

最後に新しい項目が入っています。

これを有効にすると 以下のショートカットがInsert Mode(つまり、通常の入力時) に有効になります。

Key/Commands Function
Ctrl-c Enter Normal mode.
Ctrl-i Insert Tab.
Ctrl-j Return.
Ctrl-m Return.
Ctrl-t Insert tab at the beginning of current line.
Ctrl-u Cut the text between the beginning of the line and the current position.
Ctrl-w Cut the word before the cursor.

Vimで: i_CTRLで検索するとVimのインサートモードで使える と合わせたショートカットキーを見ることが出来ますが 出来そうな物をカバーしてみました。

-K 等はVimの中ではdigraph(通常入力できない記号)の入力モードになりますが、 Macでは別途、このキーは カーソル位置から行末までカットに定義されています。

Mac のキーボードショートカット - Apple サポート

この様にMacではいくつかEmacs的(ターミナル操作的)な ショートカットがあります。

逆に、なんで -Uが元々使われてないのかよく分かりませんが、 上のオプションを有効にするとより快適に使えるのでは、と思います。

一方で、Vim Emulationを使わなくても、 KarabinerにはEmacs Modeもあって、 ここにControl+U to Command+Shift+Left,Command+Xという項目があり これを有効にすると常に -Uが行頭までのカットになります。

ただ、これを有効にしてしまうと、Vim Emulationで Normal Modeに入った時もこれが有効になり、 Vim的な-Uで半ページ上へ移動、が 上書きされてしまうので、 Emacs Modeの方ではなく、Additional settings of Control + X at insert modeの方を 有効にして貰えれば、と。

Sponsored Links
Sponsored Links

« Homebrew-Caskのインストール方法が変更された MacのMenuBarGmailがメールをアップデートしなくなるバグをフィックス »