rcmdnk's blog

アンインストール

もう一つ最近のHomebrewのアップデートで 気づいた事があったのでそっれについて。

Sponsored Links

Error: No available formula with the name XXX

Homebrewでパッケージを削除しようとする時に、

Error: No available formula with the name <package>

と言ったエラーが出る場合があります。

これはエラーにある通り該当するFormulaが無いのが問題です。

ただし、brew listとかするとパッケージは表示されて、 実行ファイルとかは入ってたりします。

こうした問題が起きるのは brew-gem/brew-pipの様な一時的にFormulaを作ってインストールするものや、 homebrew-core 以外のレポジトリをタップしてパッケージをインストールして、 タップしたレポジトリだけ先にアンタップしてしまった場合に起こります。

Formulaが無くても、/usr/local/Cellarに 各パッケージのKegが残っていて、 brew listなどではこれを元にパッケージ一覧を作っています。

また、アンインストールもFormulaに特に指示がなければこのKegの情報を元に削除するので Formulaは必須ではありません。 なので以前はアンタップを先にしてしまっても特に問題なくパッケージをアンインストール出来ていました。

それが最近のアップデートでアンインストール時に パッケージの依存関係をチェックするようになって、 その際にFormulaを見るので、Formulaが無いとこの様なエラーが出ます。

なので、上に書いたbrew-gem/brew-pipの場合と同様、 Formulaがないと言うエラーが出た時には

$ brew rm --ignore-dependencies <package>

と、依存関係のチェックをしないようにすればFormulaなしでも削除できます。

Sponsored Links
Sponsored Links