rcmdnk's blog
Last update

Gnu Screen: The Virtual Terminal Manager

ターミナルマルチプレクサであるGNU Screenの安定版がアップデートされ 4.5.0がリリースされました。

Sponsored Links

GNU Screen 4.5.0

今回のアップデートは主にバグフィックスのためのリリースとなっています。

前回の4.4.0から半年ほどなので、以前の1年間隔よりは短い期間でアップデートが来て アクティブさが上がった感?もあります。

新しい機能としてscreen -Lとするとscreenを立ち上げてる間のログを書き出すことが出来ますが、 デフォルトでscreenlog.%n (%nはウィンドウ番号)というファイルに書き出されます。

このファイル名はscreen内のコマンドでlogfile filename.%nみたいな感じで変更することが出来ます。

4.5.0ではこれに加え、screen -L filename.%nとコマンドラインで開始時に指定できる様になりました。

man screenでは

-L   tells screen to turn on automatic output logging for the  windows.
     By  default, logfile's name is screenlog.1. You can sets new name:
     add it right after -L option e.g. "screen -L my_logfile".

となっていて、下の2行が新しい機能の説明です。

ログを頻繁に使う人に取っては結構便利な機能だとは思います。

その他どの様なバグがfixされたかなどはsavannahのポストで:

GNU Screen - News: GNU Screen v.4.5.0

Mac Homebrewの文字化け対策版のアップデート

追記: 2017/01/20

ちょっとhardstatusがおかしな表示になるところがあったのでパッチをアップデートしました。

すでに下の方法で4.5.0をインストール(もしくはアップデート)した場合には 自動で新しいものにアップグレードされないので、

$ brew reinstall screenutf8

を実行して再インストールする必要があります。

追記ここまで

今回のアップデートは特に使いたい新しい機能も無いので、 Bugfixされたものに普段から悩まされてるとかでない限りはすぐにアップデートする必要は無さそうです。

MacではHomebrewで文字化け対策版を自分でFormulaを書いていて 簡単にアップデートできるのでアップデートしておきました。

$ brew install rcmdnk/rcmdnkpac/screenutf8 --utf8

で入れられます。

ちょっとコードの改変が進んでてパッチを素直にそのままあてられ無くなってたのでちょっといじる必要がありました。

現在あててるパッチなどの情報はFormulaで:

homebrew-rcmdnkpac/screenutf8.rb

Homebrew公式に入ってるscreenはまだ4.4.0ですが こちらも直にアップデートされると思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

« Mac Homebrewをstable versionに戻す werckerのアプリを古いLXCベースからDockerベースに移行 »