rcmdnk's blog

20170714_firefoxfind0_200_200

FirefoxではVersion 50からページ内検索に関して完全一致というオプションが追加されました。

これは英単語に関していくつかの文字ではなく完全に単語と一致する ものだけを検索するオプションです。

最近どうも検索の調子がおかしいな、と思ってたら このオプションのせいだったのでこれを無効化しました。

Sponsored Links

完全一致オプション

Firefoxでは通常Ctrl-Fを押すことで 検索窓が下部に現れ、そこに検索語を入れる事で ページ内検索が出来ます。

firefoxfind0

この時、完全一致オプションが有効だと英単語に関して 単語と完全一致しない限りマッチしません。

ここで言う単語はスペースやハイフン、スラッシュなどを区切りにしている様です。

例えばプログラム関連で調べ物をしていて、ライブラリの検索で-lsslみたいなものを探したい時、 sslで検索しも引っかからなくなります。

-lsslまたはlsslとすれば引っかかります。

完全一致オプションを無効にする

このオプションを無効にしたい場合は Ctrl-Fで出てくる検索窓の右側にある 完全一致という所をクリックすると濃いグレー背景が他と同じ背景になるので これで無効化されます。

firefoxfind1

この設定はabout:config

findbar.entireword

という値がtrueだと有効、falseだと無効です。

about:configの方で書き換えても上の完全一致の所の 背景が変わります。

いつから有効だったのか

このオプションはFirefox 50から追加されたもので、 about:configでの初期値はfalseなので 初期設定は無効になっている様です。

有効にした覚えが無いんですが、 Firefox 50は昨年末にリリースされて半年以上経っていて この件に関する不快感はここ1ヶ月位感じてるだけな気がするので やはり自分で変えてしまったんだと思います。

また、これらのオプションはVimperatorにおける検索でもそのまま反映されます。

普段は Ctrl-Fは使わずVimperatorの検索を使っていて VimperatorではFirefoxの検索窓は出さないまま検索するので この完全一致のオプション部分は普段見ないわけで、 いつの間にか有効になっていてなんか検索しづらいな、と思ってたいながら 変更に気づかなかったわけです。

多分 Ctrl-Fを何らかの拍子で使った時、 あるボタンを適当に押してみたりしたのかと。

Sponsored Links
Sponsored Links

« MacのメニューバーでGmailを確認出来るMenuBarGmailのアップデート Firefoxのページ内検索に関するabout:config設定 »