rcmdnk's blog

20180427_termius_200_200

以前iPhone用のSSHクライアントとしてBlinkを道入してみましたが 無料で使おうと思うとちょっと無理っぽかったので他を探してみたところ、 今はTermiusというアプリがMoshにも対応しているということで試してみました。

Sponsored Links

Blink ShellはMoshも使えるSSHクライアントで、 MoshのホームページでもiOSに関してはこのアプリが紹介されています。

Blink Shell: Mosh & SSH
デベロッパ: Carlos Cabanero
¥2,400

App Storeから買おうとすると2400円とちょっとお高い。

ただ、ソースコードはGitHubに公開されていて自分で ビルドしてインストールすることで無料で試すことが出来ます。

でちょっとやってみて実際に出来たのですが、署名とかの問題なのか、 しばらくすると立ち上がらなくなってしまいました。

全く同じものをもう一度Macからインストールしてやるとしばらくは使えるのですが やはりそのうち立ち上がらなくなります。

ということでいっそのこと買ってしまおうか、と思っていましたが 他にもMoshに対応したものを見つけたのでそれを試してみました。

Termius

TermiusもSSHクライアントアプリです。

Termius
デベロッパ: Crystalnix
無料

Termius

iOSだけでなくAndroid版もあり、さらにはデスクトップ版もWindows/Mac/Linuxと全て揃っています。 Chromeの拡張機能とかもあります1

こちらは昨年の8月位にMoshに対応した模様。

なのでこの前Blinkをどうこうしてたときにはすでに使えてたっぽかったのですが、 そのときには見つけられず、今回改めて探してたら出てきました。

できることとして、

  • SSH (パスワード or 鍵)
  • Mosh
  • 鍵の生成
  • Port Forwarding

など。

有料版を購入するとSFTP clientとしても使える様になったりします。

いろいろとターミナルアプリとしても他よりも良いものとかあると思いますが、 重要なのはMoshで、 これはSSHの設定の中でスイッチをオンにするだけでMoshを使うようになります。

termius

Moshスイッチの下にmosh --server=で与えるオプションが指定できる様になっています。

とりあえず使ってみた感想として、きちんとMoshで接続でき、 ちゃんと回線が切れてもその後ネットワークにつながれば復帰出来ました。 なのでMosh機能はOK。

ターミナルアプリとしても他のものと比べても遜色なく使える様になっていると思います。

まとめ

ということでiPhoneでは今後Termiusを使っていこうと思います。

Android版もあるということなので、 今後Androidを使う際にもJuiceSSHの代わりに使っても良いかもしれません。

Sponsored Links
Sponsored Links

« Windowsで公式ツールでSSHサーバーを立てる2つの方法 GitHub PagesでカスタムドメインでもHTTPS化がサポートされた »