rcmdnk's blog
Last update

20200109_openjdk0_200_200

Macで作業してたら突然openjdk-13.0.1.jdkを開けないというポップアップが出て困った話。

“openjdk-13.0.1.jdk”は開発元を検証できないため開けません

Macで作業中、突然

20200109_openjdk0.jpg

みたいなポップアップが出ました。

なんのことやら、と思っていきなりゴミ箱にいれるのもあれなんで、とりあえず キャンセルしてみるとすぐにまた出てきます。

Java関連ですが、何が使ってるかわからないが必要ならまた入れれば良い、ということで ゴミ箱に入れるを選ぶと、

20200109_openjdk1.jpg

で、OKを押すとまた最初のが出てきます。

削除してみる

Homebrew Caskにより2019年12月23日にopenjdk.java.netからダウンロードされました。

となっているのでCaskで探してみるとjavaで入れらた模様。

$ brew cask info java
java: 13.0.1,9:cec27d702aa74d5a8630c65ae61e4305
https://openjdk.java.net/
/usr/local/Caskroom/java/13.0.1,9:cec27d702aa74d5a8630c65ae61e4305 (148B)
From: https://github.com/Homebrew/homebrew-cask/blob/master/Casks/java.rb
==> Name
OpenJDK Java Development Kit
==> Artifacts
jdk-13.0.1.jdk -> /Library/Java/JavaVirtualMachines/openjdk-13.0.1.jdk (Generic Artifact)

とりあえず一旦削除

$ brew cask rm java

が、今度は

“java”コマンドラインツールを使用するには、JDKをインストールする必要があります。

20200109_openjdk2.jpg

のポップアップが。。。OKを押してもまたすぐ出てくる。

再インストール

仕方ないので再インストール:

$ brew cask instal java

当然のことながら最初のポップアップが出てきます。

使用の許可

検証できないから開けない、と言ってるので、システム環境設定セキュリティとプライバシーに行って一般タブを見てみると

20200109_openjdk3.jpg

こんな感じで

“openjdk-13.0.1.jdk”は開発元を確認できないため、使用がブロックされました。

とあります。

で右側にこのまま許可ボタンがあるのでそれを押します。

で、しばらくすると今度は最初と同じ様なポップアップだけどちょっと違う こんなのが。

20200109_openjdk4.jpg

“openjdk-13.0.1.jdk”の開発元を検証できません。開いてもよろしいですか?

さっき、このまま許可を押したはずだけど。。。 と思いながら開くを押すとその後ポップアップは出なくなりました。

以下でも同じ様なことを言っています。

Unsigned error when using this cask on Catalina 10.15.1 · Issue #267 · AdoptOpenJDK/homebrew-openjdk

何が原因か?

メッセージにあるように12月23日に入れた(アップデートされた?)ものですが、 今更なんでこんなのが出てきたか。

現象的にはどこかでjavaを使った、ということなんですが、Dockには余計なものは開いてないし、 アクティビティモニタを目視した限りでは怪しげなものはありません。 (とは言っても全てのプロセスを完全に把握してるわけではないので変なのがあっても分からないといえばわからないんですが。。。)

かなり気持ち悪い状態なんですが、とりあえず見た目上の邪魔なことはなくなりました。

追記: 2020/01/09

やはり気持ち悪いのでしばらくしてからまた

$ brew cask rm java

をしました。 そうすると今は数時間上のポップアップは出てない状態です。

多分、なにか単発的なプロセスが働いた、ということだと思います。

だとすると逆に何が起こったか調べるのはさらに難しくなって謎が深まるばかりなんですが。。。

しばらく変なことが起こってないかちょっと注意します。。。

追記ここまで

追記: 2020/01/10

ターミナルで新たなセッションを開くと、

Unable to find any JVMs matching version "(null)".
No Java runtime present, try --request to install.

と出るようになってました。

これは.bashrcの中で

export JAVA_HOME=$(/usr/libexec/java_home)
if [ -f /System/Library/Frameworks/JavaScriptCore.framework/Versions/A/Resources/jsc ];then
  export PATH=$PATH:/System/Library/Frameworks/JavaScriptCore.framework/Versions/A/Resources
  _add_path PATH "/System/Library/Frameworks/JavaScriptCore.framework/Versions/A/Resources" 1
fi

を設定していて、この/usr/libexec/java_homeが出しているエラーです。

javaをアンインストールしたので当然無いわけですが、このコマンドは違う何かが入れたもの?

ちょっとそもそもこのJAVA_HOMEとかなんで必要だったかも覚えてないんですが(良くない。。。)、 とりあえず

JAVA_HOME=$(/usr/libexec/java_home 2>/dev/null)
if [ -n "$JAVA_HOME" ];then
  export JAVA_HOME
  if [ -f /System/Library/Frameworks/JavaScriptCore.framework/Versions/A/Resources/jsc ];then
    export PATH=$PATH:/System/Library/Frameworks/JavaScriptCore.framework/Versions/A/Resources
    _add_path PATH "/System/Library/Frameworks/JavaScriptCore.framework/Versions/A/Resources" 1
  fi
fi

な感じでエラー出力は無視して、JAVA_HOMEが見つかったときだけ設定するように変更しました。

追記ここまで

追記: 2020/01/18

多分Vimの中のPluginが呼んでるっぽい?

追記ここまで

Sponsored Links
Sponsored Links

« Macバッテリー交換 Raspberry PiのSDカードからのサルベージ&復旧 »