rcmdnk's blog

20200108_macbattery0_200_200

ちょっと前にmacOSのバージョンアップ時とかにMacのバッテリーが交換が必要な状態になっている、 といった話とかをしましたが、耐えられないので交換しました。

Macのバッテリー状態

20200108_macbattery0.jpg

とりあえず公式に色々あるのできちんと見てみる。

バッテリー - パフォーマンスを最大化する - Apple(日本)

まあ温度とかそれほど変な環境にはないし、常に使うので長期保存とかは関係ない。 そもそもこういうことにそんなに気を回したくない。。。

Mac ノートブックのバッテリーの充放電回数を調べる - Apple サポート

コレ見てみると144回とかでした。

20200108_macsystem0.jpg

たとえば、1 日でノートブックのバッテリー容量の半分を消費した後、バッテリーを満杯になるまで再充電したとします。翌日も同じことを繰り返した場合、充放電回数は 2 回ではなく 1 回とカウントされます。このため、充放電回数が 1 回になるまで、数日かかることもあります。

ということなので144回分フル充電するだけ使った、ということなのでしょう。 普段の電源につないでバッテリーを使ってないときはカウントされてないはずなので、そう思うと結構多い気がします。

ただ、最大充放電回数、というのを見ると、このモデル(MacBook Pro (13-inch, 2017, Four Thunderbolt 3 ports))は1000回なので回数的には全然余裕の範囲。

完全充電時の容量は3175mAhになっていましたが、公称値が分からないのでなんとも。

Mac ノートブックのバッテリーについて - Apple サポート

この辺に最適化することなども書いてありますが、とりあえず出来ることはやってるつもり。

あとは検索するとよく出てくる、バッテリーリフレッシュ、という 完全放電させて長時間(5時間以上)放置、というのもやってみましたがあまり意味なく。

SMCリセットもしてみるが特に変わらず。

Mac の SMC (システム管理コントローラ) をリセットする方法 - Apple サポート

その他色々試してみましたがやはりなんともならないので交換することに。

Macのバッテリー交換方法: 自分でできる?

もしバッテリーを買うことが出来て自分で交換できればそうしようと思ってました。

ただ、探してみると、2012年頃のモデルまでのものはあるのですが、最近のもので すぐに買えそうなものはありませんでした。

ブログとかで交換した!とか言ってるのも最近のMacに関しては見つかりません。

もう仕方ないので素直に修理に出すことに。

Macのバッテリー交換方法: 正規の修理に出す

当然保証は切れてるので、正規の値段になりますが、このモデルだと19,800円(税別)、とのこと。

mac 修理 - Apple サポート 公式サイト

仕方ないか、と思って修理の申し込みをしようとすると、 Apple Store以外でも Apple正規サービスプロバイダ、というのがあって、近くのビックカメラとかもそれになってたので 電話をしてみました。

Apple - サポート - トピックの選択

そうすると、新設にも、 Apple Storeより1万円以上も高くなるし一週間位かかるからApple Storeでやった方が良い、とおしえてくれました。

正規サービスプロバイダとはなんなのか。

まあ、そう言われたのでApple Storeへ。

ブログとかを見てるとうまく行けばその日に修理して返してくれる、ということだったので 休みの日の早めの時間で予約して行ってきました。

この際、バッテリー交換をするには Macを探すを解除してきてください、と出てたのでしていきました。 修理中にMacを探すをしてピーピー鳴らす人が居るからでしょうか?

で、見てもらいましたが、値段はWebにある値段でしたが、 修理には3から1週間位かかる、と。

お店が混んでるとか関係なく、Retinaモデルだとキーボードごと交換が必要で、 すべて修理工場に送っての作業になるからどうやっても即日は無理、だとのこと。

これも見たブログの人とかのは古いモデルかRetinaでないものだったので上手いことやってもらえただけだったみたいです。

せっかく行ったんですが、その日に出来れば、と思っていったので手放す準備をしてなかったため 仕方なくそのまま持ち帰りました。

Macのバッテリー交換方法: 非正規の修理に出す

どうしようかと思いましたが、やっぱりバッテリーが厳しいのでなんとかしたい、 ということで都内で出来るところを探してみると、 いくつか見つかって

iPhone修理・MacBookバッテリー交換・ガラスコーティングのSMART恵比寿店 スマホ・MacBook修理のSMART

とか

Mac修理はMacLab(マックラボ)東京・秋葉原Mac修理専門店

とか。

値段の詳細はWebに載ってないので問い合わせて聞きましたが、 他のところも含めて大体2万円から3万円位。 正規より安いのはありませんでした。 バッテリー自体は1.5万円位で後は作業代、と言った感じ。(ともすると正規の店でもちょっとぼったくり感はありますが。。。)

ただ、上の店とかだと1時間ほどで交換、ということだったので、そこでやってもらいました(どちらとはここでは伏せておきますが)。

バッテリーだけ売って、とか出来れば。。。

交換後、バッテリー状態を見てみるとちゃんと正常となっていて、 充放電回数は0回にリセットされていて、 完全充電時の容量は4437mAhになっていました。

20200108_macbattery1.jpg 20200108_macsystem1.jpg

以前と比べると1.4倍ほどに増えたことになります。

普段使いでも、以前は電源ナシで1時間も使うと危うい状態でしたが、 今は4時間位は持ちます。

公称では10時間位持つ、とか言われてたものですが、色々なところを見ると実質5時間、とか言う感じなので まあまあではないでしょうか。

最初の頃どれだけ持ってたか覚えてないですが、最低限は、と言った感じ。 ほんとは10時間位で1日外で使っても大丈夫な位ほしいですが、だったらそれ目的にMacBook Pro以外を使うべきか。。。

まとめ

新しいの買うほどでもないけど結構外で使うことも多いしバッテリーがヘタってると困る、 でも数日も預けとくこと出来ない! という場合でも交換することが出来ますよ、という話でした。

一方で、最近のMacは自分で交換するのはハードルが高いみたいです。 (そもそも変えのバッテリーをどうやって手に入れるか分からない。)

あと、関係ないですが、Apple Storeってたまに行ったことありましたが、 店員さんに絡みたくないので避けてるんですが、 今回は修理を頼む手前絡む必要がありましたが、あのノリは苦手です。。。

Sponsored Links
Sponsored Links

« モバイルSuicaで新幹線の自由席に座った際には後で登録が必要? Macで「"openjdk-13.0.1.jdk"は開発元を検証できないため開けません」 »