rcmdnk's blog

20220311_daiso1_200_200

iPhoneを買い替えたのでケースを買ったのですが、 いくつか失敗してダイソーのケースにたどり着きました。

欲しいケース

いままで使っていたiPhone Xでは、Apple純正のケースを使っていました。


もうApple Storeでも売ってないみたいですが、確か1万円くらいしました。

10万円位するiPhoneだし、ちょっと大きくなって手に収まりきらないものになっていたこともあって、 落としたら大変、ということでちゃんとしたケース買おう、と思って買った気が。

手帳型にしましたが、流石に純正だけあってフィット感も完璧で、 また、高級感もあるいい感じのものでした。

純正ケースはフタを閉めるとiPhoneの画面が消えて開けるとつきます。 (蓋の先の方に磁石がついててiPhoneと反応するらしい)

また、Qiの充電も問題なくできます。

また、手帳型はぱっと使いづらかったり面倒かな、とも思ってたんですが その辺の不満はとくに感じず、逆に 最初あまり考えてなかった部分でかなり便利でした。 カードなどを入れておけるので、外出時に財布がまったく必要のない生活になりました。 たまーに現金だけしか受け付けないところもあるので、いざというときのために1万円札もカバーの中に入れてあります。

実はiPhone SEにする際にこれがちょっと心配だったところで、 サイズが小さくなるので手帳型にしてもカードとか入れられないんじゃないか、と。

ただ色々見てるとカードを入れられるようになってるのも普通にあるので大丈夫だろうということで SEの購入に進みました。

というわけで、ケースとしては基本的には手帳型のものを探します。

また、当然Qiによるワイヤレス充電ができる事が重要です。

一応iPhone SE用の純正ケースはまだApple Storeでも売っていて、どうやらこれも Qiなどは問題なく使えるようですが、無料のスマホを1万円のケースに入れるのはどうかと。

Decoded Leather Wallet Case for iPhone SE / 8 / 7 - ブラック - Apple(日本)

ということでこれは安いので良いかな、と思って探しました。

2つの失敗

最初に買ったのがこれ。


牛革で見た目も良い感じ。 ポケットにカードも入れられるということで1000円ちょっとでこれなら十分かな、と。

ちょっと注意しなくてはいけないのが、iPhone 6用のケースも一緒に売っていて 6と7/8/SEは大きさは一緒なんですが、カメラの位置が微妙に違うのできちんと7/8/SE用のものを買わないといけません。

というか実はこれ間違えて6用のもの買いました。

カメラの位置がずれてるので写真は撮れませんが本体自体はちゃんと収まるので 外出時のカバーとして数日使ってました。

ただ、最大の問題はQiが使えなかったこと。 ワイヤレス対応と書いてあるのですが、家にあるいくつかのQiで試しても全部駄目でした。 一瞬反応して、断続的に反応したりはするんですがちゃんと充電できるものはありません。

というわけで牛革の厚さがだめなのかいずれにしろこれでは辛いので別なのを探しに。

あと、カードを入れてみたところ、かなりキツキツなのと、深くまで入れてしまうと取り出すのにかなり苦労しました。 3枚入れるところがありますが1枚だけで結構きつきつで2枚入れるとまともに蓋が閉じません。 マグネットで閉じるようになっていますが、1枚でギリギリつく感じです。

マグネットといってXの純正とようにiPhone本体の画面のon/offなんかもできないのも残念なところ。 逆に小さなケースで下手にマグネットが付いてるとカードとかが損傷しないか心配です。

で、 次に買ったのがこれ。


マット仕上げでシンプルで良い感じ。 ただ、ちょっと表にロゴの文字列が入っていてそれがなんだかな、とは思いました。 (ので、最初上の牛革の方を選びました。)

こちらもマグネットで閉まるタイプのもの。

今度はちゃんとSE用でカメラ位置もばっちし、なものでしたが、やはりQiがうまくできず。

カード入れも2枚分ですが、1枚でギリギリ、という感じでした。 これも一度入れると取り出し辛い。

いずれにしろ充電できないとどうしようもないので家の中ではほとんど裸な状態に。 (ケーブルはもっと面倒なので使わない)

2つともワイヤレス充電可、となってるにもかかわらずできないので、 家にあるQiが弱いのかな?とか思いつつ、新しいQiの方を買ってこようか悩んでました。

ダイソーの200円ケース

そんな中、ダイソーでフラフラしてたら見つけたのが200円のSE用ケース。

20220311_daiso1.jpg 20220311_daiso2.jpg

200円。

これはマグネットはケース側についている外側の帯についていて蓋の上側に付く感じになっています。

なのでちょっと余計なパーツがついて邪魔な感じはありますが、その分多少カードで膨らんでも ちゃんと閉まるようにはなってます。

また、素材が柔らかいのでこれだとカード2枚入れてもあまり膨らまず、余裕をもって閉める事もできています。 取り出しもスムーズにできます。

で、肝心のQiですが、ワイヤレス充電対応、とか書いてなく半分位は無理だろうな、と思ってました。 ですが、これが問題なくできました!

なんと。

3つを比べてみるとこんな感じです。

一番左がダイソーの200円ケース、 真ん中がマットなケース、右が牛革のケース。

20220311_compare1.jpg

20220311_compare2.jpg

20220311_compare3.jpg

見た目だけだと牛革バージョンとあまり変わらない感じがしますし、 実際手に持ってる感じでも同じ様な感じです。

ダイソーのものがチープ感がまったくないのか、逆に牛革のがチープなのか。 (とはいえ、200円というチープさではないかと。)

マットなやつはなんかやっぱりちょっと良いな、と思ったりはしましたが。

あと、この写真撮っていてダイソーのやつの表側にちょっと傷が付いてる事に気づいて、 これが200円かと思ったり、 ちゃんと選んで買ってくれば良かったと後悔してたり、 200円なんだからまた買ってくればよいか、と思っていたり。

いずれにしろ使い勝手としてはQiが使えるということで安心で、 かつカード入れの部分も余裕があるのでかなり良い感じです。

ガラスフィルム

iPhone Xでは画面には何もつけずに使ってましたが、少し傷が付いてしまっていました。

そこまで気になるものではなかったし、せっかく良い画面を提供してくれてるのでそのまま使うべきだろう、 ということと、 手帳型ケースにすることで普段の防御力は高いだろう、ということで何もつけないほうが良かな、と思ってました。

iPhone XはSE購入後に売りましたが、その際に傷がついてなければ15,000円位だったのが2000円位下がりました。 まあその位なら直接使えてた利点の方が大きいんじゃないかな、と。

iPhone 5やNexus 5とかのときは余計なものをつけるなんて邪魔なだけ、ということで完全にそのままで使ってました。 iPhone 5は小さいので落としづらいし、Nexus 5はプラスチックな周りなので多少落としても大丈夫、というところもあり。

で、今回SEにするにあたって、要らないとは思ってましたが、 ガラスフィルムなるものをちょっと試しに一回使ってみるか、と思って買ってみました。

が、恐らくSEのようにホームボタンがあるものに対してはじめて使ったのも悪いんですが、 とくにホームボタンの周りをくり抜くような形のフィルムになっていて、ホームボタンを押す際にその段差がすごく気になりました。

画面操作自体はほとんど違和感なく使えてましたが、やはりホームボタンは良くない。

ということで結局外してやはり素の画面で行くことにしました。

まとめ

ダイソーはいろいろなものを売ってますが、ものによってはホントに値段以上のものもあったりします。 100円でないちょっと高めのものの方がそういうものが多い感じもしたり。

今回のスマホケースは流石に200円には見えないかな、とも思いますし、かなり良い感じです。

というかその前の2つがワイヤレス充電対応って書いてあるのにちゃんとできないのはどうなのか、とは。

Sponsored Links
Sponsored Links

« 楽天モバイルでiPhone SEを買った デロンギ マグニフィカS(ECAM22112B)購入 »