rcmdnk's blog

Apple iPhone SE (64GB) - ホワイト SIMフリー

長らく同じスマホを使っていて流石にバッテリーが持たなくなってきていたので新しいのを買おうとして悩んでたんですが、 楽天モバイルでiPhone SEを買うことにしました。

これまでのスマホ

最初にiPhoneを買ったのがiPhone5なので2012年頃。

すでにスマホはかなり普及してましたが、iPod touchとかで しのいでた気がします。 それほど電話回線で色々できる頃でもなかったのでスマホ用に出てきたゲームとかは 家でネットがあればiPod touchでもできる、と。

とはいえそろそろ欲しいと思ってた頃にiPhone 5が発売されたので発売されてすぐオンラインのApple Storeで買った記憶があります。

その後、電池の持ちが辛くなってきたのと、Androidというものを使ってみたい、という気持ちも出てきて2014年の春頃にNexus5に。 確かこれはMNPでキャリア変更と共にただかかなり安く手に入れたものだった記憶が。

Nexus5がQi対応だったのでそれ以来、ワイヤレス対応のスマホのみしか使う気になれません。(とはいえ、それほど買い替えてない。)

/blog/2015/05/05/computer-qi/

これも結構使って電池交換したりして粘ってましたが、2017年にiPhone Xが出た時に ついにiPhoneもQiに対応したということで速攻予約をして買いました。

予約開始直後に予約しようとしたけど繋がらず、結局1ヶ月位待って手に入れられた模様。

で、そこからかなり長いこと使ってたことになりますが、 バッテリーの状態はすでに最大容量の70%となっていました。

ただ、体感的には30%とかな感じで、外に出て電車に乗って少し使ってるだけでもすぐに20%切って残りわずかな警告が出るようになってました。 ちょっと出かけるにもモバイルバッテリーが必須な位。

利用時の電池の減りだけではなく、何もしてない状態でもかなり早く減ってしまいます。 新しいときは数時間放置しておいても数%減るかどうか、という感じでしたが、 数時間充電せずに放って置くと数10%減ってます。

今の自粛な状態なのでそれでも気になることが少なくて粘ってましたが、ついに諦めました。

次の候補

現状で普通に買うならiPhone 13かな、と思ってました。 途中から中身がまったく一緒で小さいminiの方で良いのでは?と思い始め、 自分の使い方的に実際画面の大きさはあまり関係ないな、と思って持ちやすいminiを買おう、とまた一時期盛り上がってました。

その次に色々見ていて、Androidならもっと安いのあるし、iPhoneAndroidiPhone、ときている以上次はAndroidだろう、という気持ちも出てきてちょっと色々調べたりもしました。

Androidは色々ありすぎて調べるの疲れる。

やはり最大候補はPixel 6か、という感じでしたが、iPhone 13 miniと同じくらいの値段。

画面の大きさとか考えるとiPhone 13と比べるべきで、そうすると2万円位安いかな、という感じ。

Pixelも良いな、と思いつつ、タブレットとかを買う可能性を考えたとき、 iPadとAndroidタブレットだとAndroidの方が安いのあるし、別にiPadをどうしても使いたいわけではないので Androidを使える機会の方が有り得そうだ、とも思い、 だったらiOSはスマホで確保しておくか、という気持ちにも。 (多くの人はOSを揃えたいと思うかもしれませんが、個人的にはWindowsもmacOSも手元にほしいしiOSもAndroidも使いたい。)

といった中で、何やら携帯の安売り合戦が始まっていて、iPhone 13 miniが実質無料、的なものも出てきたりしてました。

実際には、iPhone 13 miniなどは4年のローン契約でそのうち2年分がただになって2年後に端末を返せば実質無料、 みたいなものですが。(なので、完全に自分のものにしようと思うと5万くらいかかったり)

そういうのもありかと思いましたが、そんな中で、楽天がiPhone SE(第二世代)を ショップ限定で実質無料(ポイント還元で)というキャンペーンをやり始めたので、 もうこれで一回変えてしばらく様子見ればよいか、と思い買いました。

楽天モバイルキャンペーン

購入および楽天モバイルへの申込みは2月24日でした。

過去のキャンペーン・特典 キャンペーン・特典 楽天モバイル

今見ると過去のキャンペーン、のところにありますが、ここにあるURLに飛ぶと、今やっているキャンペーンのページに行きます。

ショップ限定!iPhone SE(64GB)本体代1円キャンペーン キャンペーン・特典 楽天モバイル

最初のキャンペーンは機種代は払った上でポイントのキャッシュバックが後であるものでしたが、 買った直後から始まったものはそのキャッシュバック分が単に値引きされるもの。

まあ近くのお店のiPhone SEはきっとその頃には全部なくなってただろうということでとくに気にしないように。

ちなみに楽天モバイルですが、結構田舎なところに行っても普通に楽天モバイルに入ってましたし、 今の所は十分提供範囲が広くなってるな、と感じてます。 恐らくしばらくは遠出することもそんなないでしょうし、その間にもっと環境良くなってくれれば良いな、と。

あと、最近の使用量を見てると1GB/月使ってないときも普通にあるのであの階段状の料金設定で 1GB以下無料はホント良いです。 (ちょっと前まで3ヶ月は全部無料とか、もっと前は1年無料、とかやってたわけですが)

前までのSimだと月5GBで1000円とかでしたが、繰越も永遠にできるもので、 大分繰り越して最後数十GB分余っていてなんかもったいなかったですが無理に使えるものでもないのでそのまま手放しました。

iPhone SE (第二世代)

2020年発売なのでiPhone Xよりは新しいです。 iPhone Xと同時に2017年に発売されたiPhone 8のボディを使ったもの。

CPUはiPhone Xより新しく、メモリは一緒。 そんなに重たい作業もしないので、操作感は正直同じです。

iPhone Xでも64GBのストレージでしたが、今回も64GB。 基本データはクラウドにおいてあってアプリの容量くらいなので、 重たいゲームとかやらなければ未だこの容量でも全然余裕。

カメラとかの性能はだいたい同じようなもの。

画面は5.85インチ(2436x1125ピクセル)から4.7インチ(1334x750ピクセル) になりましたが、思った以上に小さい画面が気になりませんでした。

大きさよりも、上側がノッチではなく結構幅とって切れてるのと、 下側もホームボタンが存在して画面が途中で終わっている、という状態に違和感は感じました。

また、そのホームボタンが一番大きな違いです。

iPhone Xは顔認証でしたが、iPhone SEではホームボタンでの指紋認証でロックを解除できます。

これは正直やっぱり指紋認証のが圧倒的に便利です。

マスク云々という事がなくても、家の中でもパッと手に取るだけですぐに解除されますし、 暗いとこでも認証されるのはまったく別次元です。

確かにこのボタンのために下を1cm近く画面をムダにしてると思うとホームボタンはもうちょっとなんとかならないか、とも思いますが、 実際に使ってみると指紋認証の利点のが圧倒的に大きいです。

ホームボタンの使い勝手として、

  • コントロールセンターが下からのスワイプになった
    • 上からのスワイプはどこからやっても通知画面になる
    • iPhone Xでは上からのスワイプが右半分からだとコントロールセンター、左半分だと通知パネル、になる
  • 起動中のアプリ一覧はホームボタン二度押し
    • iPhone Xでは下からのスワイプ
  • スクリーンショットが電源ボタンとホームボタン
    • iPhone Xでは電源ボタンとボリューム下げボタン

iPhone 5のときの動作はまったく忘れてるのでその頃がどうだったかはわかりませんが、 とくにスクリーンショットは同じボタンがあって他の動作するわけでもないので 何度も押しては電源ボタンの反応で画面が消えて、うまく出来ない、と悶てました。

ホームボタンの違いと同時に、大きさもかなり違うので、片手での操作感がまったく違います。

iPhone Xだと片手だと画面左上の方とかは届きません。 それでも無理に片手で使ってることも多かったですが、 SEなら無理せず片手で使えることも多くて大分楽です。

機械の性能としての最大の違いはバッテリーの大きさで、 iPhone Xが2716mAhなのに対し、iPhone SEは1821mAhです。 2/3ほど。

実際、オーディオ再生の時間だと60時間対40時間、となっている模様。 ビデオ再生は画面が大きい分ということか、13時間で一緒になってます。

音楽だけ聞くということはほとんどないので、そういった意味ではネットサーフィンとか画面使いながらだと 同じくらい、と思って良いのかもしれません。

ちなみに、iPhone 13 (13 mini)のバッテリー容量は3227mAh (2406mAh)で、 ビデオ再生19時間(17時間)、オーディオ再生75時間(55時間)だそうです。

まあ、新しい良いものを買う、という思いならバッテリー容量が大きいもの、が欲しいんですが、 ただで一回試す、という感じであれば十分でしょう。

バッテリーの減り方に関しては外に出て、スマホをいじってる時間が長いと 丸一日持つか持たないか、といった程度。

とはいえ、以前はほとんど触ってなくても常に充電しとかないといつの間にかバッテリーが切れかかってた状態だったので 全然違います。

iPhone Xの売却

今回は次のものもiPhoneなのでiOSを確保しておく必要もないので iPhone X(ブラック、64GB、simフリー(Apple Store)、ケース等付属品なし)は売りました。

近くのゲオで、13,200円の査定で、iPhone買取20%UPキャンペーン、ということで+2640円で合計15,840円でした。

画面に小さなキズが付いていて、それで2~3千円引かれたとか。

まあガラスフィルムも何もつけてなかったので仕方ないです。

思ったよりはまともな値段で売れたな、とも。

まとめ

ちょうどiPhone SEの第3世代のお披露目があったところですが、 第2世代を今更ながら買った(というかもらった)、というお話でした。

正直、iPhone 5ではじめてiPhoneを買ったときとか、 iPhone Xで大きな高スペックスマホを手に入れたとか、 そのあたりの感動はまったくないというか、何も新しい感覚はないわけですが、 値段を考えると満足感は高いです。

個人的な感想として:

  • スマホの大きさはこのくらいで良い
    • 持ちやすい、操作しやすい。
    • 本体自体はもうちょっと小さくても問題ない。ただこれ以上小さいと手帳型としてカードとかを入れづらくなる。
  • 指紋認証は顔認証に比べて圧倒的に楽
  • バッテリーは新調、ということでとりあえずは十分
  • カメラとかはとくに変わりはない感じだが不満も感じてない

という感じで 1, 2年はしばらく使えるんじゃないかということでこれで行くかな、と思ってます。

iPhoneもAndroidの機種も色々と新しいものが出てきていて カメラの高性能化なども進んでいますが、正直カメラなんかは今でも十分です。

手ブレ補正(とくに動画の)とかはちょっと良いのが欲しい、と思うことはあります。

また、13 Proとかに搭載されているLiDARセンサーはかなり気になるもので ちょっと欲しい。

最近のiPadを使えば、解体予定の建物も気軽に一棟丸ごとスキャンして思い出に残せる「うちのお婆ちゃん家もスキャンしたい」 - Togetter

まだ限られた機種にしか搭載されていないのでアプリとかもまだまだと思われるので、 普通のスマホに載るようになったら使ってみたいものです。

Sponsored Links
Sponsored Links

« カウンターキッチンの複数のダウンライトをスマート化 iPhone SE(第2世代)のケースはダイソーのものが一番良かった »

}