rcmdnk's blog

Brew Masters [DVD] [Import]

Homebrewの拡張:brewdler, tap, cask で書いた所に追記しておきましたが、 Brewallをざっと書いてみた 後で、 Homebrew brew-tap について ちょっときちんと理解してなかった所があったので、 その辺上手く管理できるようにBrewall をアップデートしてみました。

Sponsored Links

Tap

Tapは元々Homebrewに元々入ってるFormulaeに加えて、新しい Formulaeの入ったGitGubレポジトリを追加して扱えるパッケージを簡単に増やせる、 というのが本来の目的の様。

最初にHomebrew-caskだけを見ていたので、 このパッケージの様に1つのレポジトリに1つのパッケージがあって Formulaとパッケージと同時に管理するのが普通だと勘違いしてました。

なので、前回の時は tapと書いておくと、指定したリポジトリの中にFormulaが1つだけあると仮定して、 そのFormulaに対しbrew installも同時に行うようにして、 2つ以上ある時はエラー出すような形にしてました。

これだと色々なレポジトリをtapして追加してる場合は使い勝手が良くないので、 その辺を主にアップデートしました。

tapall

新たにtappallコマンドを追加しました。 新しいBrewallだと

tap 'phinze/cask'

と書いただけだとcaskレポジトリをtapするだけになっています。 もし、brew installも同時に行いたい場合は、代わりに

tapall 'phinze/cask'

と書くと、caskレポジトリにあるFormulaeを探してきて全てインストールします。 この場合はbrew-caskのみですが、複数のFormulaeがある場合も全てインストールします。

インストールするパッケージを限定したい場合、 例えば上のIntaresting Taps & Branchesの中で一番上にある scienceというレポジトリのabyssというFormulaについてだけ インストールしたい場合は

tap 'Homebrew/science'
brew 'abyss'

とします。この場合でも、順序は気にしなくて大丈夫です。 (Brewfile内にあるtapを常に一番最初に行うようにします。)

Sponsored Links
Sponsored Links

« Macでssh時の'Permission denied (publickey).'の解決法 Gitでタグを使う »