rcmdnk's blog
Last update

20131022_Mavericks_200_200

22日に開かれたアップルのイベントで Haswell載ったMacBookProなどが発表されていましたが、 何と言ってもOS Xの新しいバージョンである Mavericksが提供開始され、しかも無料だそうです。 2007年頃からの殆どの機種に対応しているとのことで、 取り敢えず入れてみました。

Sponsored Links

気になった機能

特に気になった機能が

圧縮メモリ
非アクティブのアプリのメモリを自動的に圧縮するようになる。

のメモリの機能で、Compressed Memoryと言う機能で、 6GBをフルに圧縮すれば4GBに出来る程だとのこと。 まだ4GBマシンなのでどれくらい効果が有るかわかりませんが 最近少しメモリ不足も感じていたので少しでも良くなれば。

それからXtraFinder 等外部アプリで実現していたFinderのタブ機能も OSの機能として加わった様です。

取り敢えずインストール

OSのメジャーアップデートは全てクリーンインストールする必要があるのかと 思ってたんですが、 とりあえず説明を見る限り直ぐ出来るよ、と書いてあるので やってみることに。

重要なファイル等はDropBoxで同期しているし、 アプリ一覧だけメモしておいて実行してみました。

Appleのアップグレードページ から今直ぐアップグレードをクリックすると App Storeが立ち上がるので、そこからMavericksをインストール。

他のアプリ同様にApp Storeからダウンロードされるのでしばし待ってから (自分の環境では10分程)完了したらそれをクリックしてインストール開始。

同意書に同意したりしてくと再起動を要求されるので再起動。

立ち上げに2,30分かかりました(見てなかったのでもうちょっと短かったかも。)

立ち上がるととりあえず今まで通りのログイン画面が出るので ログインします。

最初にiCloudのパスワードといくつかのソフトが互換性がない、 等と出ますが、殆ど直ぐに今まで通り使える状態でした。

初回起動後

互換性が無いと言われたソフトは SugarSyncflip4mac。 多分アップデートすれば大丈夫になるかか、もしくは直ぐに対応版が出るかと思いますが、 どちらも殆ど使ってないので取り敢えず放置。

また、最初にMacの最適化というポップアップが右上に出て(Growlみたいなこれも新しい機能)、何やら色々最適化している様ですが、 これ書いてる時も1時間位経ってますがまだやってます。

それから、Mail.appもアップデートされて、最初に最適化みたいな事を していました(10分くらい)。

で、1つ困ったことに、メニューバーに未読数を表示するMailUnreadMenu が未対応だと出ました。

これがないとDockを表示させておかないと未読メール数を常に見える状態に出来ないのでちょっと不便です。 (殆どそのためだけにThunderbirdから移った様なものでもあるので。。。)

他にMenuBarFilter というアプリでメニューバーを黒くしたりしていたんですが、 これは起動はするのですがメニューバーは元のままで変更されませんでした。

また、BetterTouchTool, MadRuby, HyperSwitchの3つのアプリは Enable access for assistive devicesをチェックしろ、という様なwarningが出ますが、 この設定はシステム環境設定 セキュリティーとプライバシー アクセシビリティ の項目で、ここにそれらのアプリがリストされてるはずなので、 左下の鍵をクリックしてロックを外して必要な物にチェックすれば使える様になります。

後ぱっと気づいたのはマルチディスプレイ時に、メイン以外の画面でも メニューバーが出るようになったことです。 以前はアプリなどを使ってできてたことですが、今回からデフォルト出ます。 これはマルチディスプレイサポートの改善ということで 項目に入ってますが、 ただ、両方にあってもそれ程嬉しいものでもないので、 オプションで選べる様にして欲しい所。 もしかしたら見落としてるだけかもしれませんが、 今のところ、 システム環境設定 ディスプレイ 配置 の項目を見ると、今までどおり、メニューバーを移動できるようになっているだけで、 特に変わった様子はありません。

逆にメニューバーを移動させてもDockの位置も変更されないし、 バグでしょうか。。。? これは嘘でした。実は最初アップデートするとき[LogMeIn](https://secure.logmein.com/jp/) でリモートからやってたのですが、リモートから移動させると何故か反映されないように見えてました。 ただ、本体に戻って見てみるとメニューバーを移動させるときちんとDockも移動しました。

これもちょっと間違ってて、Dockは選択してる画面に移動する様になったようです。 (但し左右でなく下に配置してる時)

Dockを自動的に隠すを有効にしていると各画面の下にカーソルを持って行くと その画面でDockが出てきます。 常に表示している設定でも移動するのですが、画面の下の方を何回か クリックしていると移動したりいつの間にか移動したり、 いまいち何がトリガーで移動してるのが良くわかりません。。。 (Dockが無い方の画面だと思って下の方で作業していると突然Dockが現れて そこにあるアプリを押してしまったり。。。ちょっと余りよろしくないかも)

追記: 2013/11/04

設定項目がMission Controlの方にあって以前の様に戻せた

Mac OS X 10.9 Mavericksでのマルチモニタ設定

追記ここまで

それ以外のこととしてはDockが2次元に設定してたのが3次元に戻っていたり ログイン画面の画像を変更してたのが ログイン画面そのものが新しくなったみたいでそれに変更されてたりしてましたが、 殆ど以前のままで滞りなく使えています。

またしばらくしたら色々出てくるかと思いますし、 速くなったとかは流石にすぐに実感できるところではありませんが、 取り敢えずパッとアップデートしても問題なかった、ということで。

Mavericksで取り敢えずやりたいこと

つい先日LionのままBoxenを使ってみようとして途中でLionが対応してないことに気づいたばかりなので、 これで使えるはずなのでそのうち試してみたいと思います。 なんというタイミング。

BoxenのMavericks用の設定は順次アップデートされてる様です。

Ref: Mavericks-related updates

Sponsored Links
Sponsored Links

« git submoduleについてのメモ 追加/削除/更新等 Mavericksでrequire 'osx/cocoa'が出来ない »