rcmdnk's blog

RETINA

Macでアプリのアイコンを変更する への補足でRetinaモデルで行う際の注意について。

Sponsored Links

Retinaモデルでの注意点

Macでアプリのアイコンを変更する

これに従ってRetinaモデルのMacで Img2icns を使ってICOファイルをICNSファイルに変換していこうと思ったら、 出来たものがまずきちんとアイコン表示されず、 無理やり開こうとすると

ファイル"Application.icns"は空のため開けません。

と言われてしまいました。ファイルサイズは0ではないんですが、なんか壊れてる様子。

前のMacとImg2icnsはバージョンが同じで、 前のMacで作ったIconをおっくってみるとRetinaモデルでも見れました。

どうも、Retinaディスプレイに対応したMacでは、アプリもRetina対応で開く、 と言った様な動作があるらしく、これが原因らしいです。

Image2Icon on retina displays / Image2Icon / Knowledge Base - Shiny Frog Support

これに従い、Img2icns.appを右クリックして情報を見る低解像度で開くにチェックを入れて もう一度立ち上げなおしてみると上手く行きました。

ちなみに、Img2icnsもbrew caskで入れてるので~/Applications にありますが、これはシンボリックリンクなので、これの情報を見るを開いてもこの項目はありません。

右クリックした時にオリジナルを表示の項目があるのでこれをクリックして オリジナルを表示させ、それを右クリックして情報を見るで上の項目をセットします。

Sponsored Links
Sponsored Links

« MacでのGeekToolの設定 Macで最初に行う設定備忘録: その他の設定 »