rcmdnk's blog

iTerm2_200_200

去年の秋ころに iTerm2 が最前列に居るとき、 アプリ切り替えアプリの HyperSwitch が効かなくなる問題が起こって、HyperSwitchの便利さを優先して iTerm2を辞めてターミナル.appを使っていました。

アプリ側の変更と言うよりはOS側のSecurityとかのアップデートとかで アプリの優先度とかが微妙に変わったのかな?と言う感じでしたが、 ちょっと試してみたらまた効くようになってたのでiTerm2が使えそう。

Sponsored Links

iTerm2上でHyperSwitchとかが使えなかった

iTerm2上でHyperSwitchなどが使えなくなったのでターミナル.appに乗り換えた

去年の9月くらいですが、突然HyperSwitchがiTerm2上で効かなくなりました。 (切り替えに使うショットカットキーがiTerm2側に取られてしまってHyperSwitchが起動しない状態。)

同様に、スクリーンキャプチャ様に入力キーを表示する KeyCastr なんかもiTerm2上では動かなくなりました。

特にHyperSwitchが使えないのはどうしようも無く使いづらくなるので、 iTerm2を諦めてターミナルを使う、と言う処置にしました。

上の記事はまだMavericksの時でしたが、その後Yosemiteに変更した後も やはりダメのママ。

OS X Yosemite 10.10にアップデートして気になったこととか

突然使えるようになっていた

上に書いたようによくわからないまま使えなくなっていたので、 たまーに治ってないかな、と思ってiTerm2を立ち上げてHyperSwitchで 切り替えようとする事は試していました。

この前いつやったか覚えてませんが(一ヶ月に1度位はやってた感覚)、 今日やったら使える様になってました。

ターミナル.appだと微妙に直しきれない日本語表示の崩れや、 また、選択しただけでコピーになるCopy to clipboard on selectが使えないので 出来ればiTerm2を使いたいな、と思い続けてたので、 これでやっと戻れるな、と。

ソフトウェアのアップデート状況等

iTerm2に関しては現状2.2.0ですが、これは昨年7月にリリースされてるので 上の使えなくなった時期より前です。

iTerm2 - Mac OS Terminal Replacement

また、HyperSwitchの方は10月17日に0.2.420がリリースされてますが、 これがYosemite対応版なので、上のYosemiteにアップデートした際に使っている物は これになっていたはずです。

HyperSwitch for Mac

なので、その後は今までアプリ側のアップデートはない、はず。

なのでOS側の問題かな、と思うのですが、 最近のSecurityに関するアップデートが何らか作用したのかもしれません。

Apple security updates - Apple Support

Sponsored Links
Sponsored Links

« スクリプトやプログラム中で実行ユーザーがrootかどうか判断する Pythonの対話モードの履歴を残す方法 »