rcmdnk's blog

Adding additional file usage to Brew-file
コクヨ クリアファイル 追加式 ノビータα 名刺用 表紙 A4 400名収容 青 メイ-NT20B

Brew-file に別のファイルを追加で読み込める様な機能を追加しました。

Sponsored Links

外部ファイルを読み込むコマンド

Brewfileの書式に新たにfilebrewfileというコマンドを加えて、 これらを使うことで外部ファイルを読み込める様にしました。 (2つは全く同じ機能。)

Brwefile
1
2
3
# Additional files
file ~/.Brwefile
file ./${HOST}.Brewfile

の様に書いておくと、 ~/.Brewfileの中と./${HOST}.Brewfileの中にある設定も読み込みます。

ファイルのPATHとしては上の様に$HOMEを示す~や 環境変数も使える様になってます。

また、相対パスで書く場合には、始めのディレクトリは この設定が書いてあるファイルのあるディレクトリになります。

レポジトリをセットして居ない場合には

/usr/local/Library/Brewfile

がデフォルトのファイルの場所なので、 ここにファイルを置いた場合は./XXXと書けば読み込めます。

また、レポジトリをセットしてる場合なんかは、 同じレポジトリに入れておけば./XXXで読めます。 ディレクトリを掘って./dir/XXXみたいにしてもOK。

追加ファイルの中にさらにfileを使って他のファイルを呼び出すことも出来ます。 その場合は相対パスのスタートはそのfileを書いたファイルが あるディレクトリになります。

使い方として、

file ./Cask.Brewfile

みたいにしてCaskのコマンドだけ分けたり色々細かくファイルごとに分けることが出来ます。

また、Mac毎に違う設定をしたい場合には 上の様に

file ./${HOST}.Brewfile

をメインのBrewfileに書いておいて、 Brewfileと同じ場所に Host名.BrewfileみたいなファイルをMac毎に用意しておくことも出来ます。

もっと簡単には必要な場合にはそのMacで ~/.BrewfileとHOMEに自分設定をおいておいて

file ~/.Brewfile

とメインのBrewfileに書いておくことも出来ます。

これらの設定でもし該当のファイルが存在しない場合には単に無視するので、 あるMacでは~/.Brwefileを用意して他では用意しない、 という状況でもメインのBrewfileに 上の様な記述をしておいても何も問題ありません。

また、init等、現在のMacの状態を書き出す際には、 まず、Homebrewでインストールされている物をリストアップし、 外部ファイルに書かれた物がリストに入っているかどうか見て、 入っていない場合外部ファイルから消去します。

その後でまずリスト内の外部ファイルに書かれた ものを該当のファイルに書き出し、 残ったリストをメインのファイルに書き出します。

実際に使ってるファイル一覧は

$ brew file get_files
/usr/local/Library/rcmdnk_Brewfile/Brewfile
/usr/local/Library/rcmdnk_Brewfile/mymac.Brewfile
/Users/user/.Brewfile

の様にget_filesコマンドで取ってくることが出来ます。

最近の他のアップデート:

Brew-fileにコマンド補完を追加

homebrew-fileのwrapper関数を’brew init’等一部コマンドを直接使える様にアップデート

Sponsored Links
Sponsored Links

« Coverallsでre-authorizeが必要になった時の対処法 Firefox 38.0.5で追加されたPocketの機能を無効にする方法 »