rcmdnk's blog

Of Dreams & Coveralls (English Edition)

Coveralls はGitHubのアカウントを使ってユーザー登録をして居ますが、 いつも通りTravis CIでテストを行って結果を Coverallsに送った結果、 結果の何%カバーされてます、的なものは表示されるものの ファイルの中身をみようとすると見れない状態に。

どうも認証が切れたようでやり直さないといけない、とのこと。

Sponsored Links

The owner of this repo needs to re-authorize with Github; their OAuth credentials are no longer valid so the file cannot be pulled from the Github API.

という、エラーが出ています。

認証が切れてしまった様。どのタイミングでかは分かりませんが、 単純に認証してからの時間?

GitHubアカウントでログイン自体はできるものの、GitHubのファイルを取ってきたり することが出来ないとのこと。

色々サイト内を探してると 左のPRO SIGN UPに行くと上に出るRESYNC REPOSが唯一それっぽいのでこれを 押してみるものの、タブが再読込中の表示になったまま数分何も起きず。 (このRESYNC REPOSREPOSからADD REPOSをした時にも上に出てきます。)

coveralls

仕方ないので同じトラブルを探してみると CoverallsのIssuesに

Source Not Available · Issue #375 · lemurheavy/coveralls-public

こんな正にな感じなのを発見。

途中で上でやったRESYNC REPOSについても出てきますがこれは 恐らくきちんとGitHubと認証取れてる時にレポジトリ一覧をリフレッシュするだけ 何だと思います。

実際に認証を行うには

https://coveralls.io/refresh?private=true

へ行けばOK。

認証が既に済んでいるとそのまま Coverallsのレポジトリの追加のページ に行きます。

認証が期限してたりするとGitHubのページに行って 認証する様に要求されます。

ここで認証してあげて戻ってくれば上のエラーは消えて CoverallsからGitHubのレポジトリがきちんと見える様になります。

Sponsored Links
Sponsored Links

« 夏に向けてスムージーを飲むためにT-falのミキサー買った Brew-fileに追加ファイルを読み込める設定を追加 »