rcmdnk's blog

20160209_quickaccess_200_200

Windows 7とか以前は スタートメニューにあったスタートアップフォルダが Windows 10ではスタートメニューからは辿れないようになってます。

Sponsored Links

Windows 10でのスタートアップフォルダ

スタートアップフォルダにプログラムのショートカットなんかを置いておくと 起動時に実行してくれます。 プログラム側からスタートアップに登録、というオプションがあるものも ここへショートカットを入れたり消したりすることで 起動時に立ち上げる登録をする物があるので スタートアップフォルダを見ると 起動時に立ち上げるプログラムをある程度把握できます。

Windows 10ではスタートメニューからこのフォルダが辿れないので エクスプローラーなどで 以下のフォルダを直接開く必要があります。

  • 全てのユーザー共通: C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\StartUp
  • 各ユーザー用: C:\Users[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

ここに起動時に立ち上げたいプログラムのショートカットを作って 入れておけばOK。

このフォルダは スタートアップに登録されてるものを確認するのにも使うので、 このフォルダ自体のショートカットをDocumentの中や開きやすい所に 置いておいたり、 クイックアクセスに登録しておくと便利だと思います。

クイックアクセスはWindows 10のエクスプローラーの新機能で、 以前まであったお気に入り機能の進化版です。

エクスプローラーを開くと初期設定では左のリストの一番上にあると思います。

ここにはアクセスの多いフォルダ/ファイルや最近使用したフォルダ/ファイル がリストされますが、 フォルダ等を右クリックして出てくるメニューに クイックアクセスにピン留めというメニューがあるのでこれを 実行するとクイックアクセスに常に表示されるようにすることが出来ます。

20160209_quickaccess.jpg

Sponsored Links
Sponsored Links

« DellのWindows 10なノートパソコンでファンクションキーを機能キーではなくファンクションキーとして使用する Windows 10の初期設定 »