rcmdnk's blog

20160706_vimemacs_200_200

TOPIDE Top Integrated Development Environment index というサイトでIDEのGoogleトレンドによるランキングが提供されていて、 その中でVimが4位、Emacsが11位となっています。

Sponsored Links

TOPIDE Top Integrated Development Environment index

まあIDEとはなんなのか、と言う所で VimやEmacsはIDEなのか、と言う話もありますが。

それはそれとして単にGoogleの検索頻度という点でも グラフとかがぱっと見れて面白いサイトだと思います。

他にプログラム言語とデータベースについてのランキングもあります。

で、ちょっとVimとEmacsの過去10年程の検索頻度のフラフを見てみると

20160706_vimemacs.jpg

こんな感じでEmacsは下がり続け、Vimは大体同じくらい。

これはここにあるIDEの中での割合なので、 Googleトレンド で直接見てみると

こんな感じ。 青いのがVim、赤いのがEmacsです。

2つを比べると2004年ころにはEmacsがVimの倍くらい検索されてたにも関わらず、 2016年現在はVimのが4倍以上検索されています。

どちらも年々下がっている様に見えますが、これは絶対数ではなくて総検索数に 対する割合みたいなものなので、 総検索数は10倍以上になってるので実際の検索数はどちらも上がっています。

Google Search Statistics - Internet Live Stats

で、ちょっと地域を見てみると面白くて、Vimの場合は何故かトップがブラジル、 次いで中国。

そしてEmacsの場合はなんと日本がトップ。2番目は中国。

Googleトレンド ページに行くと、さらにView Change over timeという表示変更が出来、 これを見ると日本はどちらの場合でも2004年ころに非常に濃く、 年が進むにすれどんどん薄くなっていく感じです。

これも日本での検索が減った、というより他のいままでネットも無かった様な所も含めて 検索が増えたから、というのが大きいんだと思います。

日本だけで見ると

こんな感じで 同様に青いのがVim、赤いのがEmacsです。

2004年ころには圧倒的にEmacsが多かったものの、 最近では大体同じくらいかな、と言った所。

まとめ

あくまで検索頻度なので、使用率とか人気度とはまた別のものになります。

Vimのが最初の頃、Normalモードのキーがいちいち分からなくて 検索するような事は沢山あるでしょうし。

ただ、世界的な傾向と比べると割と日本人はEmacsが好きなんだな、 という感じが見えます。

それぞれで、特に初心者が検索する確率なんかはやはりVimのが高そうな気がするので、 そういう意味では日本ではEmacsの方が使用者が多いのでしょうか?

Sponsored Links
Sponsored Links

« MacでApp Store管理コマンドmasをtmuxで使う際の注意 Evernoteプレミアムにアップグレードしてみた(ちょっとOneNoteとかとの比較も) »