rcmdnk's blog

LICENSE ライセンス 1 (ヤングジャンプコミックス)

GitHubでソースコード等を公開している人は、他の人にForkしてもらったりして 使ってもらいたい、と思って公開している人も多いと思いますが、 その際にライセンスをきちんと明記しておかないと使いたい人も困ってしまいます。

現在はGitHubでレポジトリを作る時にライセンスファイルを選んで追加出来る様になっていますが、 既存のレポジトリにも簡単に追加することが出来ます。

Sponsored Links

LICENSEファイルの追加方法

レポジトリ作成時にはラインセンスの種類を選ぶだけで簡単に ライセンスファイルを作れますが、 一度作成すると直接ライセンスを作るような設定項目が無いので 自作するしかないか、と言う感じもしてしまいますが 実は簡単に作れる様になっています。

作るには、まずレポジトリにあるCreate new fileを押して 新しいファイルの作成ページに行きます。

20160725_githublicense1.jpg

20160725_githublicense2.jpg

ファイル名を記入するところがあるのでそこへ LICENSEと記入すると、

20160725_githublicense3.jpg

こんな感じで右の方にレポジトリ作成時にも見られる ライセンスのテンプレートを選ぶ項目が出てきます。

この時のファイル名にはLICENSEの後に.md.txt等の 拡張子を付けてもOK。 licenseと小文字でもテンプレートは出てきます。

ここで適当なライセンスを選べばそのライセンスの内容が下に記入されます。

20160725_githublicense4.jpg

そしたら後はコミットすれば既存のレポジトリにライセンスファイルを追加することが出来ます。

ライセンスが無いとNo License状態で 通常の著作権著作権が適用されて、他の人は複製再配布などは出来ない事になります。 (但し、GitHub上でのForkなどはGitHubでの規約により許可される状態になります。)

No License - Choose a License

なので、もっと自由に使ってもらいたい時は適時ライセンスを記入しておく必要があります。

Add a License

Choose an open source license - Choose a License

上のページに選び方がありますが、 取り敢えずどんどん使っていいよ、というのであれば MIT License にしておけば良いと思います。

.gitignoreも出来る

同様にレポジトリ開始時に簡単に追加できる.gitignoreファイルも 途中からでも追加できます。

Create new fileを押してファイル名の所に.gitignoreと入れれば Want to use a .gitignore template?が出てきて 言語を選んで.gitignoreのテンプレートを作ることが出来ます。

Sponsored Links
Sponsored Links

« ターミナル作業が爽快になるターミナルエミュレーター: HyperTerm コマンドラインから簡単にランセンスファイルを作るコマンド: license »