rcmdnk's blog

はじめてのCONFIG.SYS (はじめての…シリーズ)

最近色々なコマンドが~/.configの中に設定ファイルとかを入れる様になってきて、 確かにHOMEを汚さ無いのは良いな、と思ったので Brew-fileでも~/.configを使う様にしました。

Sponsored Links

Brew-file用Brewfileのデフォルト置き場

もともとHomebrewがインストールされる/usr/local/に置いたりもしてましたが 色々問題があったので~/.brewfile/の下に置くようにしていました。

これを今回の変更で/.config/brewfile/Brewfileが デフォルトのBrewfile置き場になります。

レポジトリを使って管理してる場合には /.config/brewfile/の中にレポジトリがcloneされます。

ただし、/.config/brewfile/Brewfileがまだ無くて、 ~/.brewfile/Brewfileがある場合はそちらを使うので 今までと同じ置き場でよければそのまま使うことが出来ます。

変更したい場合には

$ mkdir -p ~/.config
$ mv ~/.brewfile ~/.config/brewfile

みたいな感じで移動してもらえればそちらを使う様になります。

他の場所にしたい場合には

export HOMEBREW_BREWFILE=~/Dropbox/Brewfile

みたいな感じにHOMEBREW_BREWFILEの値を.bashrc/.zshrcなどで 指定しておけばそれを使う様になります。 (レポジトリを使う場合には基本的にBrewfileがあるディレクトリにcloneされます。)

Sponsored Links
Sponsored Links

« macOS High Sierra(10.13)にアップグレードした Qi対応になったiPhoneが欲しい »