rcmdnk's blog

Amazon Music - 石若駿のCLEANUP - Amazon.co.jp

Mac Homebrewでパッケージを管理している場合、 アップデートがある時はupgradeコマンドで更新してくれますが その際には前にインストールしたものはそのまま残っています。

brew cleanupをすれば余計なものは削除してくれますが 自動的に削除する設定が出来たのでそれを使うようにしました。

Sponsored Links

HOMEBREW_UPGRADE_CLEANUP

一週間ほど前のアップデートでHOMEBREW_UPGRADE_CLEANUPという環境変数が使えるようになりました。

upgrade: add HOMEBREW_UPGRADE_CLEANUP variable. by MikeMcQuaid · Pull Request #3913 · Homebrew/brew

これまでも明示的に

$ brew upgrade --cleanup

--cleanupオプションを付ければ掃除もしてくれていましたが、 今後は.bashrcなどに

export HOMEBREW_UPGRADE_CLEANUP=1

とか書いておけば常に--cleanupを付けなくても付けたのと同じになります。

これ、実際にはHOMEBREW_UPGRADE_CLEANUPという変数が定義されていれば良いだけなので =1とか値を入れなくても良いのですがなんとなく気持ち悪いので1を入れています。 (別に0でも""でも同じ設定が有効になる。)

全くcleanupしたことない人だと数GBとか削除できる場合もあるので 取り敢えずbrew cleanupしてみて、 .bashrcとかに上の設定をしておくと今後きれいなままで要られます。

ついでに、パッケージを削除する際、元のファイルは残ったままになっています。 これらを削除するには

$ brew uninstall --force

とする必要があります。

ちょっとこの--forceの使い方が微妙な気がしますが これもゴミを残す原因の一つです。

これもbrew cleanupで削除できますが こっちにも緩急変数による設定が欲しい所。

定期的にbrew cleanupすればよいのですが、 取り敢えずupgradeに関しては HOMEBREW_UPGRADE_CLEANUPを設定することで 自動的に過去のバージョンを削除してくれる様になりました、と。

Sponsored Links
Sponsored Links

« Homebrewで絵文字出力を無効化する Touch Bar付きMacBook Proを買ったのでまずは触ってみての感想 »