rcmdnk's blog

20180426_minigestures_200_200

ブラウザ操作をマウスでするとき、マウス右ボタンを押しながら上下左右に動かすと 前のページに戻ったりなど色々操作をできる様になるマウスジェスチャー機能というものが 拡張機能により導入することが出来ますが、 Chromeで今まで使っていた拡張機能がなくなってしまったようなので他を探してみました。

Sponsored Links

Gestures for Google Chromeが消えた

ChromeではGestures for Google Chromeという拡張機能を使っていました。

この拡張機能はWindowsのみでしか動かない、という点がありますが、 基本Macではトラックパッドを使うのでWindows用ということで入れてありました。

この拡張機能を選んだ理由はリンクを新しいタブで開く、という機能があるところ。 他の拡張機能だと単に新しいタブを開くという事は出来ますが リンクをそのまま新しいタブで開くことはできず、一旦右クリックしてメニューから開く必要があります。

Firefoxだとさらにこの2つが融合してリンク上だとそのリンクを、そうでなければ単に新しいタブを開く、という ことができる機能があったのですが、Chromeでは見つからず。

ということでこのGestures for Google Chromeを使っていましたが、 先日新しいWindowsにChromeを入れて拡張機能を同期したところGestures for Google Chromeが入りませんでした。

ストアで探してみると見つからず、どうやらこの機能は今年のはじめくらいにストアから削除されていた様です。

削除されてもすでにインストールされていれば特に何の知らせもなく使い続けられる仕様の様ですが 新しくインストールすることは出来ません。

というわけで他のものを探さないと、という状況に。

crxMouse

crxMouse Chrome Gestures

Gestures for Google Chromeと同じくらいかそれ以上に評価を受けているマウスジェスチャーです。

過去にデータ収集などを行っている関連のマルウェア判定を受けていますが、 現状ユーザー数を獲得し続けてる状況を見ると、解決したのかそれほど大きな問題でなかったのか、ちょっとわかりませんが。 何故かマウスジェスチャー系の拡張機能にはこの手のマルウェア的なものが結構あったりするので注意です。

機能としてはロッカージェスチャーとかも設定できて 色々と設定の種類が豊富で色々できる様になっています。 MacでもLinuxでも動きます。

ただし、この拡張機能でもリンクを新しいタブで開く的な事は出来ません。

ただ他にここまで色々できるのもないのでとりあえず導入して使い始めてみました。

Windowsにおいてはリンクを新しいタブで開く以外の通常ジェスチャーはそれなりにちゃんと動いていました。 ロッカージェスチャーは以前試したときもそうでしたが、やはりあまり反応良くなくて使い物になりませんでした。

が、とりあえずこれでよいか、と思って使ってたんですが、 どうもMacで調子が悪いな、と思っていたら この機能を導入すると右クリックがほとんど使えない状態になっていました。

ジェスチャーを右クリックを押しながら、の動作で行うので右クリック自体に何らかのラッパーが噛まされてるはずですが、 Windowsではクリックですぐボタンを離せば通常の右クリック動作になんら支障はありません。

ですがMacだと2本指でのトラックパッド上での右クリック動作がほとんど効かない状態になってました。 (なんどか試しているとそのうちたまにできる。) 単語を選んでコピー、といったこともトラックパッドだけだとほとんど出来ない状態で さらにはリンクを新しいタブで開く、ということも右クリックメニューなのでそれもまともに出来ない状態。

なのでちょっと厳しいので他のものに。

miniGestures

minigestures

簡単なことだけでも良いので、ということでこのminiGesturesを試してみました。 これもWindowsのみではなくてMacやLinux上でも使えます。

設定できる動作は簡単なものしかありませんが 最低限、

  • 前のページに戻る
  • 次のページに進む
  • 現在のタブを閉じる
  • 右/左のタブに移る

の機能があればいいか、というところでこれらには対応しています。

ほんとは左右のタブに移るのはロッカージェスチャーでやりたいところですが とりあえずは無しで。

この機能をMacにも入れてみたところ、右クリックについては そこそこまともに効いてる感じです。

ちょっと気になる点として、文字上で右クリックすると、文字を選択してないにもかかわらず、 一回選択した上での右クリック、みたいになってメニューが変わってしまうことがあります。

クリックの場所をちょっと変えたりすればなんとか実用出来ますがちょっと微妙。 このような動作もWindows上では起こりません。

まあ全く使えないよりはマシなのでとりあえずこれで、という感じです。

まとめ

というわけで現在はminiGesturesを使っています。

ただまだちょっと気になる点があったり、やはりロッカージェスチャーを使いたい、ということもあって そのうちまた色々試してみます。

探してみると新しいものとかもいくつかあったりしたので不満を解消できるものもあるかもしれません。

まあ、メインはMacだし、WindowsでもcVimを使ってキーボードで操作してる方が長いので 最低限使えるものであれば良いとは思っていますが。

Sponsored Links
Sponsored Links

« cVimでコマンドモードの候補などの表示を半透明にする Windowsで公式ツールでSSHサーバーを立てる2つの方法 »