rcmdnk's blog

20180802_gmail_200_200

結構前からデザインが新しく新機能が入るGmailのウェブインターフェースを試すことが出来る様になっていましたが、 ついにデフォルトが新しいものに変わるというようなメッセージが出てました。

新しいGmailで一つ心配なところがフィルタなんですが ちょっと試してみた所、一応今までどおりの動作を期待して良さそうな感じでした。

Sponsored Links

新しいGmail

新しいGmailにするには右上の設定ボタンを押して一番上にある 新しいGmailをお試しくださいを押します。

一旦変えても同じところに表示される以前のGmailに戻るを押せば戻れるので とりあえず試してみることが可能です。

20180802_gmail_new.jpg

新しいインターフェースはこんな感じで マテリアルマテリアルした感じになっています。

新しいデザインでは左のラベル一覧を 左上のハンバーガーメニューを押すことで閉じることが出来ます。

20180802_gmail_menu.jpg

また、すぐ気づくのが右側にカレンダー、Keep、Todoのボタンがあって これらの情報を右側に表示できるようになっています。

20180802_gmail_todo.jpg

アドオンを追加すると使用可能な時にこの欄に表示されるようにもなります。

Gmailフィルタについて

Gmailでラベルを付けたりするためにフィルタを設定することが出来ますが、 古いのGmailでは表示されるフィルタの順に上からフィルタが適用されていました。

ただ、この順序というのが意味があるものにも関わらず フィルタの並べ替えは簡単に出来ず、さらに編集すると必ず一番下に行ってしまう、 という面倒な仕様になっています。

おそらくGmailとしてはフィルタの順序を気にするような設定を想定していないのだと思います。 (それもおかしな話だとは思うのですが。。。)

その辺の順序を気にしながら上手いことやろう、というのが以下でやってたことです。

新しいGmailフィルタの様子

Gmailを新しくして設定からフィルタを見てみた所、 順序がめちゃくちゃになっていました。 (おそらく自動で振られるID番号順。ただその番号も作られた順とかでもないのでただのランダム順みたいな状態。)

これを見て以前試したときは駄目だと思ってすぐに元に戻したのですが、 今回変更してみてしばらく様子を見てみた所 どうもフィルタが以前設定した順序どおりに適用されているようでした。

そこでフィルタをエキスポートしてみると 表示の状態とは違い以前設定した順序どおりになっていました。

なのでGmail上で表示されてるフィルタは表示する時に何らかのソートをかけて表示しているだけ、という感じで 中では順序が保たれているようです。

これだと今度こそウェブインターフェースで順序を気にしたフィルタを管理することは出来なくなりますが 上の記事で書いたようにエキスポートして書き換えてインポートし直す、みたいな 管理をすればこれまで通り順序を気にしたフィルタを使えそうです。

今後仕様が変わるかもしれませんが今の所とりあえず今までどおりの使い方はできそうな感じです。

Sponsored Links
Sponsored Links

« Macがフリーズする現象を回避する(原因はBetterTouchTool) Bash/Zshで二重括弧インクリメントを使う時の注意 »