rcmdnk's blog

20190312_cernwwwrcmdnk_200_200

World Wide Web (WWW)の誕生から30周年ということで GoogleのロゴがWWW仕様になっていますが ちょっと前にWWWを生み出したCERN が当時のブラウザを再現したサイトが公開されていたのでその紹介。

Sponsored Links

CERN 2019 WorldWideWeb Rebuild

CERN 2019 WorldWideWeb Rebuild

上のページに行き、Launch WorldWideWebという青色のボタンを押すと 下の様なむかーしのOSのGUIを思わせる様なページが立ち上がります。

20190312_cernwww.jpg

右側のウィンドウの下線がある部分をダブルクリックをすると そこのリンク先が新たなウィンドウで立ち上がります。

任意のページを開きたいときには左にあるタブみたいのから DocumentOpen from full document referenceを選んでクリックすると Referenceを入力するウィンドウが出るのでここにURLを入力します。

https://rcmdnk.comを入力してみるとこんな感じで出てきました。

20190312_cernwwwrcmdnk.jpg

画像とかもないのでなんともな感じですがこんなです。

Sponsored Links
Sponsored Links

« Homebrew-fileのGitHubのPrivateに対応 Dropboxで同期出来る端末が無料では3台までに »