rcmdnk's blog

20200131_mac_200_200

macOSのマイナーアップデート10.15.3をインストールしました。

macOS Catalina 10.15.3 (19D76)

20200131_mac.jpg

この前の10.15.2から1ヶ月半ほど。最近は大体そんな間隔。

今回のアップデートは主に画像編集系のもの。

Download macOS Catalina 10.15.3 Update

• Optimizes gamma handling of low gray levels on Pro Display XDR for SDR workflows when using macOS

• Improves multi-stream video editing performance for HEVC and H.264 encoded 4K video on the 16-inch MacBook Pro (2019)

ということなので、Pro Display XDRも16インチのMacBook Proも全く関係ないので特に入れる必要もないかと思うくらいですが一応入れておきました。

アップデート時間

今回はサイズが前回と同じくらいの2.6GBでダウンロードは数分。

とはいえ内容的に大したことないかな、と思ってたんですが、 再起動後に30分待ち、と表示され、すぐに(5分位で)9分とかになったのでやはり速いな、と思ってたら そこから全然進まず結局やっぱり30分位かかってしまいました。

お忙しい時にはやらないように。

その他気づいたこと

ログイン項目

前回のアップデートでEvernoteとVolume Resetがログイン項目から外れていた、という話がありましたが、 今回も外れたままですが、アプリ側の設定では起動するようになっていて、 ちゃんと起動していました。

場所が変更された項目

相変わらずまたデスクトップにリンクが貼られてますが、 今回はいつもある 構成/private/etc/postfix/main.cf.system_default に加えて 構成/private/etc/syslog.conf.system_default もありました。

内容は

# Note that flat file logs are now configured in /etc/asl.conf

install.*>>->->->->[email protected]:32376

ちなみにシステム自体には

  • /etc/syslog.conf
  • /etc/syslog.conf~previous

というのがあって、syslog.confの方は

# Note that flat file logs are now configured in /etc/asl.conf

install.*                                               @127.0.0.1:32376

cron.* /var/log/cron.log

といった内容。previousの方は上のadefaultと同じ内容でした。

変更日を見るとsyslog.confの方は1月14日、previousの方は昨年7月22日。

macOSの/etcの設定ファイルは余り詳しくないですが、ざっと見ると、~previousというファイルはちらほらある一方、 .defaultというのはphp-fpm.conf.defaultだけありました。

まあ、あまり気にするところではないです。

Sponsored Links
Sponsored Links

« macOSでcronジョブの出力がメールに送られない vim_ahkでクラスを使うようにしたり色々アップデートしてみた »