rcmdnk's blog
Last update

Cygwin―Windowsで使えるUNIX環境

昨年の夏ころにCygwinのレポジトリ構造が変わってapt-cygが使えなくなっていて、 それを直したのを公開したり してましたが、 何故か急に本家の人が修正を取り入れてアップデートをし始めた様です。

Sponsored Links

本家apt-cyg

元々Google Code project の方で公開されていたものですが、 昨年問題が起こった時に、作者の人がGitHubにあげてForkして自分で直して使ってね、 と言うことになっていて、これまで修正を取り込んだりはされてませんでした 1

transcode-open/apt-cyg

Pull Requestとかがいくつか挙がってましたが取り入れられる気配が無かったので 沢山のForkが出来てそれぞれでやってる感じでした。

が、気が変わったのか昨日Pull Requestを端から処理していって 使える様に変更されました。

なので、今後は上のオリジナルの方を使って、 何かあればそこにPull Requestを送って修正してもらっていくのが良いかと。

自分のレポジトリのところにも注意書きを加えて置きました。

rcmdnk/apt-cyg

追記

元の作者の人ではなくて、他の人に権限を渡してその人がやってるみたいですね。

追記ここまで

Sponsored Links
  1. 自分が挙げたバージョンはこのGitHubレポジトリが出来る(気付く)前だったので Google Codeの方から持ってきたものでしたが

Sponsored Links

« GitHubレポジトリのアクセス解析: 公式に解析ツールが追加されていた それほど使われてないUnixコマンド »