rcmdnk's blog

20140523_mac_ime_1_200_200

普段はMacでも入力切替はGoogle日本語入力にしていて、 入力ソースとしては英語英数(Google)日本語ひらがな(Google) だけを入れています。 そこに、何故かいつの間にかU.S.が入っていて切り替えがおかしくなる時があって、 それに対処したことについてです。

Sponsored Links

U.S.が勝手に現れる

普段、キーボードの入力切替は前の入力ソースを選択というショートカット (デフォルトのママ-Space) を使っています。

で、ある時、いくら切り替えても英語のままになってて メニューバーにある入力ソースのボタンを見たら、 Googleの英数とアメリカ国旗(U.S.)が前後で入れ替わってました。

入力ソースを見てみると、U.S.が加わってます。

macime1

さらに、上の絵だとわかりづらいですが、 U.S.を選択した状態だと、下の-ボタンがグレーアウトしていて押せなくて、 消すことが出来ません。

U.S.が突然出てくるのは前のMacでもたまにあった気がしますが、 よくわからないですが、多分、Google日本語入力がアップデートするときに、 一時的に入力ソースが全部消えてしまうので、その瞬間にU.S.を加えて なしの状態を避けるのかな?とか思ってます。

ことえりを一時的に入れて消す

それは仕方ないとしても消せないのは困るので、ちょっと色々いじってみると ことえりを一時的に追加することで消すことが出来ました。

まず、日本語からことえりを追加します。

macime2

この状態でU.S.を選択してみると、下の-ボタンが押せる様になってるので、 U.S.を消します。

macime3

次に、ことえりを選んでみると、これも-が効いたまま消せえるので消します。

macime4

そうすると、めでたくGoogle日本語入力のソースだけを残すことが出来ます。

Sponsored Links
Sponsored Links

« GNU screenでscreen -Xを使うときの注意点 GNU screenでのレイアウトの整理 2 »