rcmdnk's blog

EMOBILE NEXUS 5 32GB ブラック LG-D821 SIMフリー

これまでY!mobile (旧イーモバイル)で通話付きのスマホを契約していましたが その更新月が来たので適当なのに乗り換えようと探して 結局FREETELにしました。

Sponsored Links

これまでのプラン

これまではイーモバイル時代にNexus5の購入と同時に契約した データ通信5GBで基本使用料が4G-Sプラン(900円)+データ定額3-S3600円位、 その他SMSを使うためのオプションみたいのが300円位付いています。

そこから4G-Sの900円が3年間無料というのと1 スマホ本体の購入に関する割引で1600円位引かれて、 消費税を加えて大体2600円+通話代、みたいな感じでした。

通話も今は直接Y!mobileの通話を使う事は殆ど無いので あっても月数百円くらいでした。

知り合いとかはLineなりFacebookなりで通話するので使わないし、 電話をかける時でもG-Callとか使いますがまあそれ程使わないです。

Nexus5本体は一括0円だったのでその割引だけ残って、 本体買えて通話付き5GBとしては結構安かったと思います。

で、更新付きが来ると次から割引がなくなる分だけ高くなるので契約変更しよう、と。

これ契約する時はまだMVNO(格安sim)みたいのはあまりなくて、 売り場ではSoftbank、AU、Docomoの隣に小さくイーモバイルがあるような感じでした。

MNPのキャッシュバックとかで逆に稼いでるとかわけわからない事をしてる人が 沢山居る時代でしたね。。。(今も居るのか知りませんが)

今ではそのようなキャッシュバックの勢いは大分下火になって、 色々なMVNOが沢山出てきて移行してる人が多い感じ。

ともかくメールアドレスは全部Gmailにしてるので 安くて普通に使えればなんでも良いかな、と言う感じで選んでみました。

選ぶ基準

手持ちのNexus5は大分古いものになってきましたが、 今のところ全く不満は無いし動作も問題ないので取り敢えず最低後1年位は使えるんじゃないか、 ということで端末は購入せずにsimだけ購入する様な形にしました。

メインの通話機でこれ以外に持つ気も無いので 通話、SMSが使えるプランにしてMNPで番号もそのままにします。

通話無料とかは余り必要が無いので大手の通話無料が入ったプランとかは余りどうでも良い、と言ったところ。

また、データ通信ですが、毎月5GB使えたわけですが、家でもどこでも大体WiFiがあるわけで 1GBも使わない事がほとんどでした。

たまに、未だにWiFiのないホテルとかに泊まった時にテザリングして 5GBを一気に使ってしまうことがあるくらいでした。

ということでデータ通信の量も最低限で良いかな、と。 ただ、たまにテザリングが必要になることもあるので 増量分が異常に高い上にプラン変更が簡単に出来ないようなのは困るな、と。

また、Y!mobileの時はソフトバンクの公衆無線LANサービスがありましたが、 実際電波がたまたま安定した所にとどまっていれば使える事は使えますが、 駅とかだと繋がったり切れたりすると逆に使いづらいので繋げる事がほとんどありませんでした。

それなりの場だとそもそもそこに他の安定したLANが提供されてたりもするので。 (安全性については何方が良いのか、と言う問題はありますが。。。)

なのでこれも余り気にしない。

といった感じです。

Y!mobileからMNP番号を取るに当たり

ちょっと話が逸れますが、Y!mobileでは My Y!mobileというページがあってここで料金の確認とか色々出来るんですが、 ここからMNP番号を取れる様にもなってますが自分の契約では出来ない、とのこと。

近くにY!mobileショップがあったのでちょっと行って見てもらったら 10分か20分位格闘されてやはり取得できず。

で、最終的に聞かれたのが、量販店とかで契約したか?ということ。 確かヨドバシかどっかだったな、と。 と言ったら、どうもイーモバイル時代に量販店とかで契約してると、 その契約者情報が一部Y!mobileのネットワークには無くてウェブとかショップでは出来ないんだとか。 本部にはあるみたいな?で、電話だとそれを確認出来るみたいな。

ただ、電話すれば出来るとのことで電話で取得。 電話しても混んでてすぐに繋がらなかったので、それでショップ行け、とか言われるのが 嫌ですぐショップに行ったわけですが、逆に電話なら取れると言う良くわからない状態。。。

Y!mobileショップみたいなアンテナショップは本部の情報に対するアクセス制限がかなりきつく付いてる様です。 (その代わりにアクセス出来るものにはカジュアルにiPadとかで簡単にアクセス出来る様になってる感じでした。)

なんかちょっと面倒でした。。。まあ電話すれば済むだけの話なんですが。

MNPに辺りY!mobileからの転出料として3000円取られます。 今回は契約更新月なので1万円程かかかる解約手数料は無し。

また、契約更新月は契約時には2年後の1ヶ月、ということになっていましたが、 今はY!mobileでは2ヶ月間が契約更新月として与えられ、 この契約でも2ヶ月の間は解約手数料は要らない、と言う話でした。

FREETEL

FREETEL SIM[LTE対応・データ通信/音声通話](月額999円(税抜)より)

ということで、決めたのがFREETEL。

決め手はデータ使用量のプランとして決まったものはなく、 使用した分だけ支払う、と言うシステムが良かったので。

音声通話付きプランだと100MBまで999円、1GBまで1199円、 3GB 1600円、5GB 2220円、10GBまで使うと3170円、となっています。

10GBを超えると追加クーポンとかは無しで200kbpsの通信に抑えられる、とのこと。

10GBを超えなくても、Webから設定を節約モードというのにすると 200kbpsになって上記のデータ通信に含まない状態でデータ通信を行うことも可能です。

ので、1GB位で収まるとすれば千円ちょっとで使えます。 今までのプラン同様5GBまで使うと2220円と今と余り変わらない感じですが。 (そう考えると今のは本体ありでその値段なので安かったな、と。。。)

また、今だと最大半年間1GBのデータ使用量(300円程)が無料になる、とのこと。 (携帯購入セットだと1年間。) これ、ちょっと前だとMNPだと9ヶ月とかだったらしいのでちょっと残念。。。

契約に当たり、初期手数料が3000円かかります。 これは他のMVNOや大手の携帯会社も同じ額です。

一方、契約解除にあたってですが、 いつ解約しても解約手数料はかかりません。

ただし、MNPして他の会社に移行したい場合、MNP転出手数料が 契約付きが15000円、それから毎月1000円ずつ減っていって 13ヶ月以降は2000円で固定になります。

ので、これが実質解約手数料が12ヶ月間のうちはある、と言った感じになります。

ただ、最終的に2000円程の転出手数料になりますがこれは他に比べてとても安いです。

また、13ヶ月以降は他に解約手数料もかからないのでいつMNPで出て行っても同じになります。

このMNP転出手数料の安さも今回の決め手の1つになっています。 Nexus5を使い続けるので、これで2年縛りとかされるとちょっと困るし いずれにしろ転出料が高いのは困るので。

FREETELには公衆無線LANのサービスはありませんが、 上にも書いた通り特に必要ないかな、と。

サービスとして、キャッチホン200円/月、留守電300円/月、 というのがありますがこれは使わない予定です。 これらの値段は他のサービスでも大体同じ値段でした。

メールアドレスは発行されないのでGmailとかを使う必要があります。 これは全く問題なし。

また、通話料が半額になる 通話料いきなり半額 なるアプリも使えて、これは所謂G-Callみたいなサービスになっています。 初期費用や月額料金とかは無しに、通常20円/30秒(これは大手もMVNOもどれも一緒)の 通話料が10円/30秒(税抜き)になるというもの。 国際電話も同じ料金(ただし非課税なのでむしろ安い)で出来るとのこと。

さらにFREETEL でんわ というのもあって、これだと月399円で1分間常に無料、 840円で5分間常に無料、と言ったサービスが受けられる様になります。

この手の通話無料サービスも結構他でもやってますが、 大体840円で5分無料、というので 安価な1分無料のプランは他にはあまりありません。

まあ、半額の方は500円分のクーポンが付いてたりしたのでその分使いますが、 無料の方は取り敢えずは使う予定はないかな。

支払いについてですが、支払いはクレジットカードのみとなっています。 MVNOの大概のものはそんな感じだとは思いますが。

データ通信料については一月のまとまりは1日でリセットされる様になっています。

また、付きの途中で解約とかをしても、基本的に1日から月が始まり、 月が始まったらその月分の料金は払う、といった感じで日割りにはなりません。

ということで、主にデータ通信量の自由が効くということと MNP転出手数料(解約手数料)が安い、ということでFREETELにしました。

Webで申し込みをして、3日位でsimが届き、その場で電話で回線変更の申し込みを FREETELにしたら使える様になりました。

ちょっと注意が必要なのが、他の格安simなんかでもそうですが、 通話は向こうの切り替えで出来る様になるんですが、 データ通信のためにはAPN設定と言うちょっとした作業が必要です。

端末別APN設定方法 高速の通信速度と充実の料金プラン FREETEL(フリーテル)の格安SIMカード

まあ、普通にスマホ慣れてる人なら説明通りにやれば出来るわけですが、 この手の事苦手な人はちょっと気をつけた方が良いかも。 とはいえ、そもそもWebで申し込みしたりsimを自分で交換したりしなくてはいけないわけで、 そのへん出来るなら 問題ないとは思いますが。

最大で1時間程使えない時間がある、とのことでしたが殆ど無かったと思います。

回線はドコモの回線ですが、 使ってみた感じ、前とそれ程変わりないかな、と言った感じ。

MMD研究所という所の調査によると、FREETELはMVNOの中では一番安定して速度を出している、 ということもありこれも丁度見てたので後押ししてくれました。

2016年4月格安SIMサービス通信速度調査

後、ちょっと気になってた国際ローミングですが、

FREETEL SIMの音声通話・SMSは国際ローミングに対応しています。
詳細については下記リンクをご参照ください。

https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/disclosure/mvno/user/index.html

※国際ローミングの通話料・対応エリアに関しましてはNTTドコモ提供の国際ローミングサービスに準じます。
※データ通信の国際ローミングにつきましては準備が整い次第ご提供予定です。

とのことでした。まあ、ホントに必要なら現地でプリペイドsimでも買えば良いので いざというときに通話だけでも出来る様なら良いかな、と。

というわけでsimだけの購入でFREETELにmnpしてみましたが、 今のところ満足してます。

その他の候補

その他もちょっと見たのでまとめ比較。

DTI SIM

DTI SIMプラン

FREETELと最後まで迷ったのがこれ。

こちらも回線はドコモ。

こちらはデータ通信量の決まったプランがあって、 一番安いので1GB 1200円/月 (音声通話付き)、3GB 1490円/月、5GB 1920円/月、 10GB 2900円/月、とFREETELより全体的に安いです。

こちらは開始月の料金は日割りで計算されます。 (ただし、下に書くキャンペーンがあるので今は余り関係ないかも。)

また、プランは前の月に設定変更することで何回でも変更可能とのこと。

さらに余った容量は次の月に持ち越せます。 (これは最近始まったサービスで選んでる時には無かった。。。)

その月の容量一杯になった時は容量チャージが出来て、 500MBで380円、1GBで600円です。

1GBのプランで2GBまで増やすと1800円になってしまうので、 1GB超えそうな場合は3GBにしておくべきですが、前の月にきっちり変更しておかないといけません。

契約解除料は12ヶ月以内だと9800円、それ以降は無し。

MNP転出手数料は5000円で固定。

ということで、転出する際を考えるとFREETELの方が圧倒的に条件が良いです。

ただ、今なかなか凄いキャンペーンをしていて、 3GBのプランが半年無料、また10GBのプランも1920円/月、というのをやっています。

普通に半年3GBにして残り半年1GBに落として使えば大分よさ気だな、とか。

ただ、テザリングとかいつ必要になるか分からないし、 かといって容量チャージは高いのであまり使いたくない、というのと、 やはり転出する際にかかる金額が結構差があるな、ということで FREETELにしています。

少なくとも2年位は使う、とか、急に沢山データ通信が必要になるようなことは無い、 というのであればDTI SIMの今のキャンペーンを使うのが絶対良いです。 通常のプランもほかと比べても安い方ですし。

また、DTI 光の回線と同時契約すると150円/月の割引がもらえたりもするので その辺も。(ただこの辺するとさらに契約の変更がしずらくなるので余りこういったセット割は使いたくない。。。)

0 SIM (So-net)

0 SIM So-net モバイルサービス

これもドコモ回線。

So-netの0 SIMはFREETELの様に使った分で料金が決まる形で 音声通話付きだと、499MBまで700/月、500MBから2048MBまでは使った分に比例して料金が上がっていき、 999MBで1200円/月、2048MB~5GBの間なら2300円/月。 5GBを超えると制限がかかって別途チャージを購入する必要があり、これが 100MB 500円、500MB、2,100円、1GB:3,800円となっています。

ということで、500MBまでであればFREETELよりも安くつくんですが、そこから先は結構高いです。 5GB丁度まで使うとFREETELと同じくらいですが、 2GBとかだととても損した感じになります。

また、12ヶ月以内の解約だと5200円の解約違約金がかかります(音声つきの場合のみ)。 これとは別にMNP転出料が必ず7000円かかります。 MNP転出料が常に違約金を含んでるかの様な額で、So-netにするなら それなりに長いこと使う覚悟が必要になるかと。

ということで特にこの転出にかかる金額を見るととても使う気にはならないな、と言う結論。

IIJmio (みおふぉん)

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

上の3つに比べると大分有名どころ。 ドコモ回線。

音声つきの料金は 3GB 1600円/月、5GB 2220円/月 10GB 3260円/月。

ただ、 3日366MBの制限があります。 また、容量を超えた場合には 200円/100MBで追加が出来ます。

IIJmioも余った容量を次の月に繰り越せます。

音声通話機能解除調定金という形で (12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円の転出違約金がかかります。

別途MNP転出料として3000円。

有名ドコロで料金や転出にかかる費用もまあまあですが、 最低が3GBからなのでちょっと用途に向かないな、と。

mineo

mineo

こちらもMVNOの中では有名ドコロ。AUとドコモの2つの回線から選べます。

音声つきプランだと、AUの方で500MB 1310円/月、1GB 1410円/月、3GB 1510円/月、5GB 2190円/月、10GB 3130円/月、 と容量の小さいものもありますが容量の小さい方はちょっと高めです。 容量の持ち越しは可能。

転出には12ヶ月以内だと違約金を含んだMNP手数料で12420円(税込み)、13ヶ月以降は2160円(税込み)になります。

ということで容量の小さいプランはあるものの、 小さい物は余りお得ではないな、といった所。

UQmobile

UQ mobileエントリーパッケージ au対応SIMカード 音声通話 ナノ/マイクロSIM

AU回線。

これも結構有名ドコロですが、 3GB 1680円/月(3GBまでは150Mbps、3GB超えたら200kbps)の高速プランか、 2680円/月で500kpbsを無制限に使えるプランがあります。

無制限、というのがあれですが、そもそもそんな使わないのと 500kbpsで無制限に使えてもな、と言う所で。。。

3GBのプランでもある意味200kbpsで無制限には使えるのでそれとどれ位違うものでしょうか?

解除料は12ヶ月以内なら9500円。 MNP転出料は常に3000円。

まあ見てみたものの、と言った感じ。

楽天モバイル

ドコモ回線。

ここには200kbpsだけ(で制限なし)の1250円/月のプランがあります。

高速プランでは3.1GB 1600円/月、3GB 2150円/月、10GB 2960円/月 といった感じで他と比べると結構高いかも。

12ヶ月以内に解約すると9800円の違約金。 MNP転出料は3000円です。

恐らく楽天を使う時に得なのはスマホの購入と同時に契約することだと思います。 販売してる種類も豊富ですが、結構良いものがかなり安く売ってると思います。

今回はSIMだけなので対象外ですが、スマホ本体を変更する時はまたちゃんとチェックすると思います。

DMM mobile

DMMmobile

ドコモ回線。

こちらにもライトプランという200kbpsに限定されたプランがあり 音声つきだと1140円。

高速通信だと1GB 1260円/月から20GBの5980円/月まであります。 3GB 1500円/月、10GB 2890円と確かに最安水準な感じです。

20GBとかの大容量は他には余り見当たりませんし、 10GBまででも2GBとか細かくプランが分かれています。

追加チャージは100MB 200円、 500MB 600円、1000MB 1,100円。 これらは3ヶ月の有効期限。 1ヶ月の有効期限の1000MB 480円もあります。

12ヶ月以内の解約だと9000円の解約手数料。 MNP転出手数料は3000円。

ということで、プランが充実していてさらに料金も割と安いです。 追加チャージも1ヶ月のものなら安い方です。 転出料もまあまあ安い方なので、 特に容量が10GB超える様なプランにしたいとか、 丁度いつも2GB位で、とかフィットするものがあればいい感じかもしれません。

DTIと比べるとDTIの今のキャンペーンがちょっと大きいかな、と言う所です。

Y!mobile

ワイモバイル

一応Y!mobileについても。

勿論ソフトバンク回線。

Y!mobileは格安simというより大手キャリアと同じような体制になっていて、 2年縛りがあり、 1GBで2980円/月、3GBで3980円/月、7GBで5980円/月、となっています。

一応2年縛りなしでもできて(ベーシックプラン)、それだとそれぞれ 5480円、6480円、8480円、となっています。

ただし、Y!mobileでは 他社ケータイ・固定電話へ通話料0円(1回あたり10分以内・月300回まで) というサービスが付いているのでよく電話使うのであれば、と言ったところ。 そういった用途で他の大手キャリアに比べれば安い、と言った感じです。

契約解除料は更新月以外だと9500円。 更新付きは2年毎に2ヶ月間あります。 勿論ベーシックプランにしていればいつ解約しても解除料はかかりません。

MNP転出料は3000円。

というわけで、それなりに長い(5分以上)の電話を沢山するのであれば お得になるかな、と言った感じです。

5分以内の電話であればFREETELでも840円で無料に出来るので。 (3GBだと1600+840で2440円。)

後やはり2年縛りとかは少なくともsimだけの契約ではやるべきでは無いでしょう、と。

Docomo、AU、ソフトバンク

2年縛りや実質ゼロ円等の自粛を迫られてる所で キャッシュバックなんかも縮小されてる様ですが、 ソフトバンクが1GBの容量で5分のかけ放題が付いたプランで4900円とかで 出してきた様です。 まあ、高いですが。

iPhoneとかを一括0円とかで買えてキャッシュバックがあったりすると 格安simなんかより実質的に安くなったりはするんですが、 情報を集めるとこから始まって、複数台の契約じゃないとダメだったり、 無駄に色々オプション付けさせられて忘れてるとそのまま月額料金かかったり、 まあ、なんというか闇な部分が多いので仮に安く出来たとしてもな、と言った感じも。。。

現状ではこれらのキャリアに戻る事はないですね。 MNP特典なんかもこれらのキャリア間だとあるけど格安simからだと適用されないことがほとんどですし。

まとめ

ということでFREETELにしましたが、 今回は音声通話付きでMNPでSIMだけ、ということで選びました。

スマホ本体も買おうと思うとまた違った選び方にもなるかと思います。 セットの場合はやはり有名ドコロの方が機種も充実してるし 合計すると安かったりしますし。

今度は1年位で変えるかもしれませんが、後はNexus5がどれだけ使い続けられるか、といったところですかね。

Sponsored Links
  1. なんかこれは結局永久的にそのままの金額ということにいつの間にかなってたみたいですが。

    4G-Sプランのパケット定額サービス料金改定について ワイモバイル(Y!mobile)

Sponsored Links

« Read the Docs(Sphinx)でオープンソースのドキュメントをいい感じに書いてみる MobaXtermの/etc/profile に.bashrcが含まれてる件 »