rcmdnk's blog
Last update

Evernote_200_200

Evernoteは取り敢えずなメモでもなんでも入れておけば良いという感じで 数年前からかなり必須なものとして使っていますが、 全体的な料金体系等の見直しが入り、 特に無料版では使える端末が2台までに制限される様になりました。

Sponsored Links

Evernoteの価格プラン改定

Evernote の価格プランの改定について - Evernote日本語版ブログ

詳しくはEvernoteのブログにありますが、基本的には

  • ベーシック(無料): 使える端末が2台に制限。
  • プラス: 3100円/年または360円/月に値上げ(これまでは2000円/年または240円/月)
  • プレミアム: 5200円/年または600円/月)に値上げ(これまでは4000円/年または450円/月)

といったところ。

唯一の改善点としては、ベーシックでこれまでは有料でしか使えなかった モバイル板アプリのロック機能が使える様になった点位。

昨年5月にこの3段階の料金体系に変更され、 メール機能などちょこちょこ無料で使える機能も制限されたりしてきていて 余り無料版に良い傾向は見られてませんでしたが、 ここに来て使い方によってはもう無料では使えない、とも言える様な変更が来てしまいました。

最近Evernote関連のニュースは何やらあまり経営が上手く行ってないと言ったものが多くて ちょっと不安なところもありましたが、やっぱりちょっと上手くいってないのかな。。。

上のブログもCEOの人の文章を日本語に直したものですが、

Evernote は大企業ではありません。そして、ノートアプリの開発は私たちにとって副業ではありません。

という文章がちょっと、それ、こういうところで書いちゃうの?と突っ込みたくなるような。。。

移行期間

既にこれから新規でアカウントを作る場合には上の制限や料金が適用される様です。

既にアカウントを持っている人は、8月15日以降の支払いから新しい料金が適用されるとのこと。

ベーシックを使っていて3台以上で使っってる人に関しては取り敢えずしばらくは猶予期間で、 随時連絡が行く、とのことです。

追記: 2016/07/02

無料で3台以上使ってる人は30日後(8月1日)から2台に制限されるようです。

この連絡と同時に、8月7日までのキャンペーンとして、プレミアム1年分の半額キャンペーンが来ました。

実際に2台になってから迷ってると終わってしまうので、 プレミアムを使うかな、という人はちょっと注意して考えておいた方が良さそうです。

追記ここまで

どうするか

とりあえず2台だけ、と言われると、メインのMacに 手元のスマホ、ということになりますが、 もう一台別の場所で使うWindowsもあるのでせめて3台にして欲しかった。。。

最悪、3台目に関してはWeb版だけを使う、という手が無いわけでもないですが、 かなり使い勝手が悪くなります。

現状Ctrl-Alt(Cmd)-Fをコルタナ検索(スポットライト)に割当て、 Ctrl-Alt(Cmd)-EをEvernote検索に割り当てています。

そんな感じで内部検索するのと同じくらいEvernote検索もよく使っていて、 それもEvernoteを一旦立ち上げて、と言うよりショートカットキーで直接検索を始める感じで。

なのでWeb版だとかなり使い勝手は変わってしまいます。

それからWeb版は2段階認証していると結構すぐに認証が切れて、 そのたびに入力する必要があるので結構面倒。

なのでやはりそろそろ有料にして使おうかな、とも考えるんですが、 有料にした際の追加機能があまり魅力がないので躊躇するところです。

[Evernote ベーシックを無料で入手するか、プラス版またはプレミアム版にアップグレードできます。 Evernote](https://evernote.com/intl/jp/pricing/)

プラス版ではベーシックでは60Mbの制限だった月間アップロード容量が1GBに、 さらにメール機能とオフライン機能、サポート対応などが付きます。

メール機能は以前良く使っていたので、 確かにコマンドラインからすぐにテキストメモをそのまま遅れたりして便利だったんですが、 そこまで必要とも思わないかな、と。(一応IFTTTとか使って送ることも出来なくはなかったりします。)

オフライン機能というのも、ラップトップで使う限りは 元々全てのノートはローカルにあるので見れるのでモバイルアプリに関してですが、 ちょっと前に開いておけばキャッシュが残っているので 大概の場合はそれで問題ありません。

海外旅行とかでネットが無いところに行く場合でも これまでもそれで全然問題ありませんでした。

サポートはまず使わないかな、と。

そうなってくると中途半端にプラスを使うよりプレミアムかな、という気がしてきます。

プレミアムだと 月10GBの容量なので、ある程度まとまった資料なども何も気にせずどんどん入れられます。 (流石に10GBは多すぎでここはプラスの1GB程度で十分かな、という感じはしますが。

また、PDFやoffice文書の中身まで含めて検索したり出来る様になり、 これが結構大きいかな、と思っています。

さらに一番欲しい機能としてはノートの履歴が閲覧出来る様になることです。

Evernoteはデスクトップ版のアプリで開くとそのまま編集できる様になってるので、 気づかないうちに変更をしてそのまま保存してしまうことがたまーにあります。 そういった時も含めて変更履歴が残っているというのは非常に便利です。

年間5千円程度なので払っておけば良いんですが、 まあ無料で使えてたものがそうでなくなるのはなかなか移れないものです。

別のサービスを考えてみると、最近ちょっとにわかに使用者が増えてる感じの Microsoft OneNote とかかな、と。

こちらはOneDriveの容量を使いますが、基本的にメモを残す、という点ではEvernoteに近いものがあります。

EvernoteがWebクリップしたり何でもかんでも保存していくのに比べて、 OneNoteはよりシンプルなメモに近い感じはあります。 (それでも以前に比べて大分リッチなドキュメントが作れる様になってる感じもあります。)

もちろんWindows以外でもMacやモバイル用のアプリもあるのでどこでも使えるよ、と。

もしMacとiPhoneだけを使ってるようならメモ.appという手もあるでしょうが 今はそもそもスマホもiPhoneでも無いのでダメ。

他にも似たようなサービスはありますが、 Evernote程リッチな内容のものはありませんし、 Evernoteより小さいサービスが今後どれだけ続くのかは心配なので 移るとしたらOneNoteか、もしくはDropboxやGoogle Drive等にファイルとして 保存する様な形でメモを残していくか、と言った所。

Google Driveとかだと内部検索とかも便利だったりするので、 後はデスクトップとかからアクセスするのとどう簡略化出来るか、といったところ。 また、容量制限が全体であるのでちょっっと気をつけないと行けないところです。 (とはいえ、60MB/月でやって来た程度で使うならほとんど問題ないはず。)

取り敢えずは2台に制限された状態になるまで待って、 そこで余りに不便だったら有料版、多分プレミアム、にしようかな、と。

それまでにちょっとOneNoteとかをある程度使ってみるかもしれません。

Sponsored Links
Sponsored Links

« Brew-fileにトップパッケージだけ残せるオプションを追加 MacでApp Store管理コマンドmasをtmuxで使う際の注意 »