rcmdnk's blog
Last update

Bose QuietControl 30 wireless headphones : ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン ネックバンド式/Bluetooth対応/コントローラブル・ノイズキャンセレーション機能搭載/リモコン・マイク付き ブラック QuietControl30 WLSS BLK【国内正規品】

この前予約しておいたBose QuietControl 30 が届きました。

Sponsored Links

Bose QuietControl 30

BoseのBluetoothを使ったワイヤレス型のノイズキャンセリングイヤホンの Bose QuietControl 30ですが、 10月28日発売、ということで10月13日位から予約販売が開始されていました。

ちょっと気づくのが遅れて22日位に予約しましたが、 発売から2日後の今日手に入れることができました。

今Amazonで見ると、3~6週間以内に発送します、となっていて、 Boseのページから見ても入荷次第、ということになってるので 今から買おうとするとちょっと時間がかかるみたいなので 欲しい人はすぐに購入した方が良いかと。

届いたのを見ての感想は、 まず箱がでかいな、と。

ネック部分が結構幅を取るので縦横が大きいのは仕方ないとして、 厚さがやけにあるな、と思ったらケースが結構大きいものでした。

ケースはちょっと固めのソフトケースでカバンとかに入れておいても押しつぶされないようになっています。 ネックの部分が結構細いのもあって持ち歩くときにはケースに入れおいた方が安心です。 ケースの大きさは一昔前にあったポータブルCDプレーヤー程度で結構大きいです。 (もう手元に無いですがCDプレーヤーのケースがそのまま使えそう。)

本体の方は実際手に取ってみるとネック部分が結構ごついな、という感じがしましたが、 実際首にかけてみるとそれほど気にならないです。 ラバーな感じの触り心地と首の後ろに来る部分が細くなってるのが良い感じなんだと思います。

外でつけるのにちょっと目立つかな、と思いましたが、 冬場でそれなりに着込んでるときなら全く目立たない感じです。 夏場にTシャツとかだとさすがに良く見えますが。

イヤーチップはいつも通りS、M、Lの3種類が入っています。

QuietControl 30 wireless headphonesに同梱されているStayHear+ QCチップと、従来のStayHearチップとの違いは何でしょうか?

StayHear+ QCチップは従来のStayHearチップと同じ柔らかいシリコン素材でできていますが、耳の穴に優しくフィットする独自の円錐形を採用しています。

となってますが、QuietComfort 20の方もStayHear+ QCチップとなってるのでたぶん同じもの? (付け心地は一緒。) QC 20の方は白っぽい透明ですがQC 30は黒っぽい透明です。

Blueooth接続は電源部分を長押しするととなりにあるライトが青色に光るので その間に接続したい機器の方のBluetooth設定から接続を選択すればOK。

全部で8台記憶でき、同時に接続できるのは2台までです。 3台目を接続したい場合には先に接続してあるどちらかの接続を切る必要があります。

2つ接続している場合は最初に音を出してる機器が優先され、 もう片方の音を聞きたいときには先に音を出してる方の音を止めると もう片方の音が聞こえ始めます。

実際に使ってみた感じとしては、ノイズキャンセルの機能はやはりすごいです。 QC 20と比べるとノイズキャンセルの機能は同程度かな、という感じですが、 音が出てないときに、QC 20ではちょっと高音なホワイトノイズが出てましたが、 QC 30はより無音な感じになっています。

なんといってもワイヤレスで、Bluetoothで10m程離れても接続が切れないので ちょっと飲み物とかを取り行こうと思った時にそのままで行けるのがとても快適です。

充電は、稼働時間が10時間、充電にかかる時間が2時間、ということですが、 QC 30では充電中には使えないようになっています。 QC 30ではそもそも充電するのに USBケーブルが首にある接続部分まで持ってこなくてはいけないので使いながらは 現実的ではないものではりますが。

QC 20は充電中でも使えます。

また、接続はBluetoothのみで有線では一切使えません。 なので、飛行機とかで映画を見るのかには使えないです。

QC 20を買ったとき、飛行機でのノイズキャンセルがすごいな、と思った部分の一つでしたが、 QC 30だとノイズキャンセルであれば使えますが、飛行機の映画とか見ようと思うと Bluetoothに飛ばす機器とかを別途買わないと使えないです。

ちょっとケースなども含めて大きいのもあるので、 旅行用としてはQC 20を使おうかな、と思っています。

QC 30買ったらQC 20が不要になってどうしようかな、とか思ってましたが、 使う場所によって使い分ければよいかな、と。

追記: 2016/11/24

もう一つ気づいた点として、 QC 30では何も接続していない場合や、 接続している機器の全てが音を出して居ない状態だと 自動でOFFになる機能があります。

もともと5分の設定になっていますが、 これを設定しておくと、耳栓代わりの様に何も音を流さずに使う場合には 途中で切れてしまいます。

この設定はスマホのアプリから時間の変更やなしの設定に出来ます。

飛行機に乗ってる時とか、QC 20を割と耳栓代わりに何も接続しないで使ってることが多いので。 まあ多分今後も上に書いたように飛行機とかではQC 20を使うと思いますが。

追記ここまで

まとめ

ということでBose QuietControl 30を手に入れましたが、 やっともともと欲しかったノイズキャンセル+Bluetoothなイヤホンを手に入れられました。

Boseのノイズキャンセルは相変わらずすごいし、やはりワイヤレスなのは非常に便利です。

QuietComfort 20の方も旅行時や有線が必要な時に使えるので ちょっと贅沢に両方持っておいてもよいと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

« Mac BetterTouchToolで左クリックをキーボードショートカットで呼ぶ方法 Mac Homebrew Caskで日本語版Firefoxを入れる方法が変わった »