rcmdnk's blog

20191213_activitymonitor_200_200

Macでしばらく時間が経ったら画面を消してロックする様にしていたのですが、 席を経ってしばらくして戻ってきてもロックされてなくて、おっと、と思った件。

スリープを阻害しているアプリの確認

アプリによってはそれがアクティブである場合にスリープさせない様なものがあります。

これを確認するにはアクティビティモニターを立ち上げて エネルギーの項目を表示し、非スリープの欄を見ます。 ここがはいになっているものがあればそれがスリープや画面ロックを阻害しています。

20191213_activitymonitor.jpg

今回はVidyoConnectというビデオ会議のアプリケーションが原因でした。 このアプリ、以前は予め立ち上げておかないとWebから会議に参加する時にWebインターフェースに行ってしまうので 常に立ち上げてたりしてましたが、最近はアプリを立ち上げる様になってくれていて 立ち上げて置く必要がなくなったのですが、使った後に終了させてなかったことが原因のようです。

逆に以前は立ち上げっぱなしでもスリープを阻害しませんでしたが、立ち上げっぱなしにする必要がなくなった分、 逆に立ち上げてる間はスリープにしないように(会議中に切らないように)するようになったみたいです。

Macはウィンドウを消してもDockに残ったままアプリとしては立ち上がったままになっている場合があるので注意が必要。

Sponsored Links
Sponsored Links

« macOS Catalina 10.15.2(19C57)にアップデート Suicaで地下鉄に間違って改札を通ってしまった際にすぐに出ればキャンセルされる(こともある) »