rcmdnk's blog

20200607_sleepmeister0_200_200

この前Withings Sleepを買って睡眠の記録を取り始めましたが、 同じ様な事ができそうな無料のアプリがあったのでちょっと試してみました。

Withings Sleep

マットレスの下に敷いておくと自動で寝ている間の記録を取ってくれるガジェットです。

完全に自動で取ってくれるのでとても便利。

IFTTTと連携することでベッドに入ったタイミングや出たタイミングで 自動で電気をつけたり消したりすることもできちゃいます。

Sleep Meister

と、そんなものを買う時に同じ様なものが無いかな、と探してたところ、 スマホのアプリでも同じ様なのがありました。

せっかくなのでiPhone用でSleep Meisterというものをちょっと使ってみました。

説明によるとスマホの加速度センサーで寝ている状態を計測するようです。 寝る時にアプリをスタートさせてベッドの頭の横に置いて計測します。

出来ることとして睡眠状態の記録に加え面白い機能として

  • アラームを睡眠の浅いタイミングで鳴らす
  • 寝言の録音

というものがあります。

この辺はWithings Sleepでできないことです。

睡眠時に自動的にtweetする、という機能もありますが、 これはWithingsでもベッドに入ったときと出たときのtweetならIFTTT連携でできます。

ただ、Sleep Meisterだとさらに睡眠が浅くなったりしたときにもできるようです。 Twitterを記録代わりに使ってたりする人だと便利かも。

今回使っているのはSleep Meister Liteで無料版のものです。 250円の有料版で広告なしのものもあります。 機能的には同じ?

Withings Sleepとの比較

睡眠状態の計測、というものがそもそもどれだけちゃんと出来るものなのか、 と思ってたのでWithings SleepとSleep Meisterを比べてみました。

  • Withings:

20200607_withings.png

  • Sleep Meister

20200607_sleepmeister1.png

こんな感じ。

だいたい似たような傾向は見せてますが、この表示だとWithingsの方が細かく見えます。

Sleep Meisterの方は折れ線グラウにも出来て、

20200607_sleepmeister0.png

こんな感じになります。

これとWithingsを比べると結構Sleep Meisterの方もちゃんと測れている感じがします。

あと、最後の部分がSleep Meisterだと覚醒状態になっていて Withingsだととても浅い眠りのままですが、 この時は実際には起きてたのでSleep Meisterの方が正確です。

ただ、このとき、スマホいじってたので、それはSleep Meisterは動き感じて 計測できて当然、といったところではありますが。

Withings Sleepもマットレスの下に敷いたシートで動作を確認したりしていると思うのですが、 スマホだけでも結構ちゃんと取れるんだな、というところと、 両方で同じ様な結果が出てるので両方そこそこ正確なんだろうな、とは思いました。

アラームを睡眠の浅いタイミングで鳴らす

セットした30前から眠りが浅いタイミングでアラームを鳴らす事ができます。

セットして鳴らしてみましたが、ちょっと浅い睡眠が多いので結構なタイミングで 最初のタイミング(セットした時間の30分前)で鳴るようになってました。 ちゃんと起きれましたが。

たまに少し後の時間で鳴ることもありましたが、その時も普段の寝起きよりは良かった気がします。

寝言の録音

最初にセットするとアプリを起動するたび毎回勝手に記録してくれるので記録してましたが、 夜中にちょっと寝返りをうったり鼻をすすったりする様な音が録音されてました。

面白い寝言は聞けず。

いびきとかも多分録音出来るはず。

いびきに関しては他にもアプリがあります。

このいびきラボ、というのは一晩全部取れるのでこれはこれで面白いです。

ただ、Sleep Meisterはアプリをスタートした後、アプリを閉じてもバックグラウンドで継続してくれますが、 いびきラボはスタートさせたらそのまま放置しておく必要があります。

両方同時に使おうとするといびきラボの方が強制終了されてしまう?感じで上手く取れませんでした。

データのエクスポート

睡眠時間のデータはiPhoneのヘルスケアのアプリに自動で反映されます。

Withingsと両方使ってるとグラフが一部二重(最後の方で一度途切れてまたスタートする的な) 状態になってたりしていました。

メールでCSVでのエクスポートとかも出来るらしいのですが、メールアドレスの設定がどこからすればよいのか分からず。。。

有料版と無料版の違いは広告の有無、と書いてあるのですが、Sleep Meisterへのエクスポートというのもあって、そこに有料版の方のアプリのリンクがあるので有料限定?

ひとまずヘルスケアに登録されれば十分かな、とは思いますが。

まとめ

Sleep Meisterは基本無料のアプリですが、 睡眠記録としては十分取れそうな感じです。

Withings Sleepと比べると、毎晩寝る前にアプリをセットしないといけいない、というひと手間がかかるところ。 でもアプリ立ち上げてスタートするだけなのでそれ程苦ではないです。

ということで、とりあえず睡眠の記録を取ってみたい、という場合にはこういった無料アプリでも十分取れる、と。 iPhoneでも他にも似たようなのが結構ありましたし、Android用でもあるかと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

« WindowsのGoogle日本語入力+Chrome+Grammarlyで入力文字が消えてしまうバグ(ChromeやGmailのせいではない) cVimがchromeウェブストアから消えた »