rcmdnk's blog

チート《IVC BEST SELECTION》【淀川長治解説映像付き】 [DVD]

コマンドラインで作業を行ってる時、 ちょっとオプション等の使い方がわからないコマンドがあった時に ヘルプやmanを参照したり、それでもよくわからないとググる ことがありますが、 cheatコマンドを使えば具体的な使い方をぱっと見ることが出来ます。

Sponsored Links

cheat

コマンドのインストールは

$ pip install cheat

かまたはMacなら

$ brew install cheat

1

使い方は

$ cheat sed
# To replace all occurrences of "day" with "night" and write to stdout:
sed 's/day/night/g' file.txt

# To replace all occurrences of "day" with "night" within file.txt:
sed -i 's/day/night/g' file.txt

# To replace all occurrences of "day" with "night" on stdin:
echo 'It is daytime' | sed 's/day/night/g'

# To remove leading spaces
sed -i -r 's/^\s+//g' file.txt

# To remove empty lines and print results to stdout:
sed '/^$/d' file.txt

# To replace newlines in multiple lines
sed ':a;N;$!ba;s/\n//g'  file.txt

$

の様に知りたいコマンドをcheatに与えるだけ。

現在見れるコマンドは以下のとおり140コマンド。

7z             dnf            jrnl           paste          ssh-copy-id
ab             docker         less           pdftk          ssh-keygen
apk            dpkg           lib            php            stdout
apparmor       du             ln             ping           strace
apt            emacs          ls             ping6          systemctl
apt-cache      ffmpeg         lsof           pip            systemd
apt-get        find           lvm            ps             tail
aptitude       for            man            python         tar
asciiart       gcc            markdown       readline       tcpdump
asterisk       gdb            mdadm          rename         tee
at             git            mkdir          rm             tmux
awk            gpg            more           route          top
bash           grep           mount          rpm            tr
bower          gs             mysql          rss2email      truncate
chmod          gzip           mysqldump      rsync          udisksctl
chown          hardware-info  nc             sam2p          uname
convert        head           ncat           scp            uniq
crontab        history        netstat        screen         unzip
csplit         http           nkf            sed            vagrant
cups           hub            nmap           shred          vim
curl           ifconfig       notify-send    smbclient      weechat
cut            indent         nova           snmpwalk       wget
date           ip             ntp            sockstat       xargs
dd             iptables       numfmt         sort           yaourt
df             irssi          od             split          youtube-dl
dhclient       iwconfig       openssl        sqlmap         yum
diff           journalctl     p4             ss             zip
distcc         jq             pacman         ssh            zoneadm

vimemacsに関しては

$ cheat vim
# File management

:e              reload file
:q              quit
:q!             quit without saving changes
:w              write file
:w {file}       write new file
:x              write file and exit

# Movement

    k
  h   l         basic motion
    j

こんな感じで起動後の使い方の簡単なtipsを表示してくれます。

基本的にはmanを熟読すればどのコマンドもきちんと使える様になるものですが、 ぱっと具体例が見れるのは非常に便利です。

コマンドラインからぱっと確認できれば安易にGoogleに頼ることも減って捗るかと。

ちなみに、cheatコマンド自体はMacでも使えますが、 例えば最初の例に出したsedとかだと、 -rオプションはGNUのsedにしかなく、BSDのsedにはないので Macではデフォルトsedを使うと出来ないこともあるのでちょっと注意です。

他のコマンドもGNU/BSDで違いが あるものは基本GNUの物が主体だと思います。

現在140コマンドですが、 Pull Requests で新たなコマンドの追加などもあって、 どんどん便利になっていく感じがします。

GNU専用オプションとかになっているものもちょっとした注意書きとか Pull Requestとかどんどんしていくと便利になっていくと思います。 (気が向いたらしてみよう。。。)

Sponsored Links
Sponsored Links

« MacでDropboxにスクリーンショットを保存する時のちょっとした罠 英文法チェックソフトのまとめ »