rcmdnk's blog

【全30種から選べる】 カーテン 4枚組(ドレープ2枚・レース2枚) 洗える 幅100cm×丈178cm 4枚組 ネイビー

家の中のあらゆるものをスマホやGoogle Homeから動作させる様にしたい今日このごろですが、 スイッチを自動で押してくれるSwitchBotを作っているWonderlabsが カーテンの開け閉めをするマシーンを作っている様です。

Sponsored Links

自動カーテン開閉マシン

まだプロダクトとして売り出しているものではなく、 今後Kickstarterに出して支援者を募集する様な段階で SwitchBotのページで

Sign up for exclusive access + don’t miss out on 50% early bird discount

をしたい人用の登録を募集しています。

SwitchBot Curtain! Make Your Curtains Smart in 30 Seconds!

Kikstarter自体は10月22日から募集を開始する予定みたいです。 なのでまだ1つもらうための値段も明らかにされてない状態です。

今の時点で一番欲しいIoT化したいものがカーテン開閉なので かなり気になってます。

すでに似たようなものはいくつかありますが、 高いしあまり良いものがありません。

一方、ボタンを押すSwitchBotはいくつか買ってかなり便利に使えているので Wonderlabsが出すカーテンガジェットに期待しています。

SwitchBot自体も同じ様な感じでKickstarterで募集して始めたもので、 そのときにもらえた金額と今販売しているものを比べると Kickstarterでもらったほうが安くなってます。

Switch Bot - The World’s Smallest Remote Robot by Wonder Tech Lab — Kickstarter

その後色々改良もあって今のものとは違うので一概には比べられませんが、 SwitchBotや他のIoTガジェットの経験があるので最初に作られるカーテンIoTガジェットは期待できると思ってます。

見た感じカーテンレールにぶら下がる感じで横に移動するので、通常のカーテンレールであればどこでも使えるものだと思います。

カーテンじゃなくても色々使いみちはありそうです。

多分Bluetoothでスマホから操作するかSwitchBot Hub経由でWi-Fi経由でも操作できるようになる、という感じだと思いますが、 SwitchBot同様Raspberry Piからでも操作できるのではないかと。

ということで、とりあえず上のページからは登録して、2つくらいは買いたいと思ってます。

Sponsored Links
Sponsored Links

« GitHub Actionsを使ってsentakuのシェルスクリプトに対するテストの実装 Acrobat Readerで横の余計な表示を起動時に消す »