rcmdnk's blog

20191027_acrobatreader_200_200

MacでAcrobat Readerを使っていると、メニューバーにある 表示からメニューバーを非表示にするオプションがあります。

が、これを非表示にしてしまうと簡単に戻せなくなるという罠。

Sponsored Links

メニューバーの非表示設定

MacでAcrobat Readerを使うと、こんな感じで メニューバーから 表示表示切り替えメニューバー へ行きチェックを外すことでPDFを表示中にメニューバーを非表示にすることが出来ます。

20191027_acrobatreader.jpg

フルスクリーン西ない状態でメニューバーを隠せるのはなかなか面白いのですが、 問題はこれを一旦やってしまうと同じ方法ではもとに戻せない、という点。

通常、この様に隠してもカーソルを上に持っていけば出てきそうなものですが、 ここでは出てきません。

なのでメニューから再度表示させる、という動作が出来ない、という罠。

表示するにはキーボードショートカットを使って

  • --M

を押してメニューの表示切り替えを行う必要があります。

実はもう一つ別の方法があって、ツールバーが表示されていれば そこを右クリックするとメニューが出てきてメニューバーという項目があるので それをクリックすればメニューが出てきます。

ですが、ここにツールバーを隠す項目があって、これをクリックして隠してしまうと メニューバーと同じ様にツールバーを表示できなくなってしまう、という状態に。

この項目はメニューの表示表示切り替えツールバー項目 に行くと ツールバーを表示という項目があるのでこれを押せば表示できます。

ですが、ツールバーもメニューバーも非表示にしてしまったらこういった方法ではだめで、 メニューバーを上のショートカットで表示させるか、 ツールバーを

  • F8

を押して表示させる必要があります。

Acrobat Readerの設定は難しい。

Sponsored Links
Sponsored Links

« ダイソーの300円スピーカー macOS Catalina 10.15.1 (19888)にアップデート »