rcmdnk's blog

20130425_airport_200_200

これまでの流れと全然違う話になってしまうんですが、 ちょっと前に気になっていた事に対してさらに気になる情報が来たので。

飛行機の国際線を年に何回か使うんですが、 この前エコノミークラスでチェックインした時に、 久しぶりに沢山荷物を持って行って重量をオーバーしてしまったんですが、 何故か2つに分けて、それぞれが各々23kgまでならOKと言われました。

Read on

20130423_trash_200_200

rmコマンドを使っていてなんか時間がかかるな、と思ったら 変数が空だったり($a/$b/)、 引数の中に無駄なスペースがあったり(~/*.log~/* .log)して うっかり重要なファイルやディレクトリを rmしてしまうことは1度や2度は経験していると思います。

最近下の参照先の流れを見て、最初は自分のゴミ箱スクリプトを もうちょっとマシにアップデートしよう、と思ったのですが、 rm関連の事でも調べたら改めて知ったこともいくつかあったので その辺をまとめておこうと思います。 基本的にbashでの話です。

Read on

ターミナルでのディレクトリ移動コマンドは最も良く使うコマンドだと思いますが、 良く使うコマンドだけに出来るだけ楽出来るようにしたいものです。

このページでは、数回前に居た時のディレクトリに戻りたい、 という時や、 複数のウィンドウで作業している時に、 一方のウィンドウで作業しているディレクトリに他方のウィンドウからも移動したい、 という時に簡単に移動出来るようなコマンドを紹介します。

Read on

WindowsやMacでは clcl(Windows)や ClipMenu(ClipMenu) と言ったソフトでクリップボードの履歴を呼び出せる様にしています。 正直、これらが無いとやってられないくらいです(OSオリジナルでもって貰いたい)。

vimなんかもちゃんとコピーしたものをレジストリーにしまっておけたりするのですが、 GNU screenを使っている時も頻繁にコピーモードを使うので、 その履歴も取れる様にしました。

さらに、screenでコピーした物を手元のOSのクリップボードに繋げる 事も出来るようにしました。

Read on